著名自分史「山縣有朋」

オリジナル

山縣 有朋

やまがた ありとも

山縣 有朋

1838年~1922年

0

奇兵隊幹部から運良く陸軍長州閥の首領に納まり汚職にまみれながら徴兵令を敷き外征のための軍事国家建設と政党弾圧に邁進、統帥権・軍部大臣現役武官制で文民統治を抹殺した軍部暴走の元凶

寸評

基礎点 20点 長州藩の庶民軍である奇兵隊から明治政府で長州系軍人のトップに立った山縣有朋は、徴兵令・鎮台制に基づく国民皆兵政策を主導し近代的軍隊創設に貢献した。欧米列強が植民地争奪競争を繰広げる当時の世界情勢にあっては、国防上も強力な軍隊の建設は不可避の国家的課題であり、軍拡路線自体は責められない。山縣有朋は、上位者の相次ぐ失脚・横死で軍首脳に納まり、大村益次郎の国軍建設プランを踏襲したに過ぎないが、強大な長州閥で陸軍を牛耳り文民統治を排除した政治手腕は並々ならぬものであった。明治の政局は要するに国内外協調派の伊藤博文と藩閥主義・軍拡派の山縣有朋の綱引きであり、個人的力量はともかく歴史的役割は大きかった。しかし、軍閥・政商の利益代表と化した山縣有朋は、軍事から政府や国民の干渉(文民統治)を排除するシステムを構築し、外征を前提とした軍拡路線を常態化させ、薩長藩閥に対抗する政党勢力を弾圧した。さらに、山縣有朋の極端な長州閥優遇人事に不満を溜めたエリート陸軍将校が結束し陸軍の実権を奪取、一夕会の永田鉄山・石原莞爾・東條英機・武藤章・田中新一らは満州事変以後の外征で暴走を深め日本を亡国の対米開戦へと引きずり込んだ。昭和陸軍の暴走は山縣有朋の没後のことだが、シビリアン・コントロールの崩壊を招いた罪は極めて重い。具体的には、大日本帝国憲法に天皇の「統帥権の独立」を規定して軍令が政府の干渉を受けない枠組みを整え、教育勅語などで天皇崇拝思想を浸透させて実効性の担保とし、軍部大臣現役武官制で内閣を打す力を獲得した。ただし軍事費予算については明治憲法上も帝国議会の承認を要する仕組みとなっており、実際に起った軍拡と外征は国民の総意であったといえる。
-10点 若き日に剣術師範を志し奇兵隊から出世した山縣有朋は、政治家より「生涯一介の武弁」たることを誇りとしたが、軍政はともかく軍令や実戦指揮は不得手なようで、保守的な性格故か攻めに弱く、目立つ武勲が無いまま失策を繰返した。山縣有朋は、高杉晋作から奇兵隊を引継ぎながら功山寺挙兵で日和見を決込み(高杉が敗れると諸隊解散が確実な情勢となってから参戦)、戊辰戦争では薩摩藩の黒田清隆との主導権争いで北陸方面軍を混乱させ、日清戦争では首相経験者ながら陸軍第1軍司令官に志願し朝鮮に出陣したが、大本営の冬営命令に背いて無謀な突撃を敢行し味方に大損害が発生、超大物現地司令官の解任・内地召還という前代未聞の大失態を演じた。日露戦争が起ると、懲りない山縣有朋は総司令官に志願したが現場の意を汲んだ明治天皇の英断により日本国内に留め置かれ、代わりに大山巌・児玉源太郎コンビが日露戦争を勝利に導いた。なお、『坂の上の雲』で無能のレッテルを貼られた乃木希典の第三軍司令官就任は、山縣有朋の推挙によるものであった。
-10点 公私混同は長州人共通の悪弊で、西郷隆盛に「三井の番頭」と面罵された井上馨が貪官汚吏の代表格だが、山縣有朋と陸軍長州閥も相当なものだった。山縣有朋は、生涯最大のピンチ「山城屋事件」を西郷隆盛に救われたが、三井・大倉喜八郎ら政商と癒着して汚職にまみれ、東京で「椿山荘」京都で「無鄰菴」の豪華庭園造りに励み、奇兵隊軍監時代に隊士の給料を着服していたことを幹部の三浦梧楼に暴露された。西南戦争後に論功行賞の遅れと減給に怒った近衛砲兵隊士が暴動を起したが(竹橋事件)、逸早く勲章をもらい椿山荘建築に精を出す山縣有朋陸軍卿ら軍首脳への不満が背景にあったと思われる。

史実

1838年 長州藩の中間山縣有稔の嫡子山縣小助(山縣有朋)が萩近郊阿武郡川島村にて出生

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1851年 吉田松陰が東北旅行へ出奔、手続き不備のため脱藩の罪を得る

1852年 江戸桜田藩邸に戻った吉田松陰が萩へ召還され脱藩罪により士籍・家禄剥奪のうえ杉百合之助の「育み」とされる

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

1853年 吉田松陰が藩主毛利敬親に上書し長州藩の国防論を提言

詳細を見る

1853年 攘夷を決意する吉田松陰が京阪で梁川星厳・梅田雲浜と会談し江戸で長州藩主毛利敬親に『海戦策』を上書

詳細を見る

1854年 ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

1854年 吉田松陰が江戸伝馬町の獄舎で取調べを受け幕府より自藩幽閉を命じられる

もっと見る

交遊録

毛利敬親 主君にして良き理解者
毛利定広 敬親養嗣子の長州藩世子
吉田松陰 出世の大恩人
木戸孝允 気難しいボス
高杉晋作 松下村塾の双璧・奇兵隊のボス
久坂玄瑞 松下村塾の双璧・光明寺党のボス
大村益次郎 暗殺された長州軍首領
前原一誠 失脚した上司・萩の乱首謀者
伊藤博文 松下村塾生・宿命のライバル
井上馨 伊藤の大親友
もっと見る