著名自分史「緒方洪庵」

オリジナル

緒方 洪庵

おがた こうあん

緒方 洪庵

1810年~1863年

80

種痘を広めた蘭方医にして「適塾」から大村益次郎・福澤諭吉・橋本左内・大鳥圭介らを輩出した大教育者

寸評

基礎点 80点 緒方洪庵が大坂に開いた蘭学塾「適塾」は、大村益次郎・福澤諭吉・橋本左内・大鳥圭介ら多くの偉材を輩出し「文明開化」の先駆となった。師の緒方洪庵は政治を語らず蘭学教授に徹したが門人は西洋知識と頭脳で幕末維新をリード、特に長州藩軍を洋式軍隊に改造し幕府の長州征討を撃退した大村益次郎、西洋礼賛と「脱亜論」を国論に高め文明開化の象徴となった福澤諭吉は世の中を変えるほどの働きをした。政治への影響では討幕の原動力となった吉田松陰の「松下村塾」に及ばないが、純粋な学問的成果において適塾は異彩を放ち緒方洪庵は吉田松陰に比肩すべき大教育者となった。緒方洪庵は「牛痘接種法」の普及など医師としても業績を残し将軍徳川家茂の侍医・法眼の極冠に栄達、子孫の多くも医学会で活躍した。

史実

1810年 備中足守藩の下級藩士緒方瀬左衛門惟因の三男に緒方惟章(緒方洪庵)が出生

1816年 伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』完成

1817年 緒方洪庵が天然痘に罹患

1817年 イギリス船が浦賀に来航

1823年 シーボルト来日

1824年 イギリス捕鯨船員の常陸上陸事件、徳川斉昭の水戸藩を中心に攘夷熱が高まる

1825年 異国船打払令

1825年 緒方惟因が大坂蔵屋敷留守居役となり一家は大阪に転居

1826年 緒方洪庵が蘭方医中天游の思々斎塾に入門

詳細を見る

1828年 シーボルト事件

もっと見る

交遊録

中天游 蘭学の師匠
億川百記 中門下の先輩
坪井信道 蘭学の先生
青木周弼 坪井門下の学友
宇田川玄真 蘭学の先生
ニーマン 師事したオランダ人医師
大村益次郎 門人
福澤諭吉 門人
橋本左内 門人
大鳥圭介 門人
もっと見る