著名自分史「三条実美」

オリジナル

三条 実美

さんじょう さねとみ

三条 実美

1837年~1891年

70

久坂玄瑞・武市半平太らに担がれ朝廷の「破約攘夷」を牽引した過激公卿、八月十八日政変で「七卿落ち」するが尊攘派志士の大義名分として長州藩の討幕運動を支え明治政府の最高位に栄達

寸評

基礎点 70点 三条実美は、上流公家の出自ながら少壮期から朝廷の尊攘運動をリードし、八月十八日政変・禁門の変で長州へ亡命してからも(七卿落ち)尊攘派志士の大義名分として長州藩の討幕運動を支えた。明治維新後は諸藩士寄集めの新政府の重鎮として能く調整役を務めた。三条実美は、若い頃は過激公卿で鳴らし七卿落ちにも絶望しないタフガイだったが、公家らしい温和な人柄も兼備えていたという。薩長政府は無能な公家の大多数を政治の実質から敬って遠ざけたが、内閣制度の発足まで最高位を維持した三条実美は担ぐのに丁度良いだけでなく相応の政治力や調整能力を有していたものと考えられる。三条実美には長州藩や尊攘派志士の「旗印」以外に具体的な業績は無く、薩摩藩の名代として討幕の密勅・辞官納地の朝廷工作を担った岩倉具視と比べると陰が薄いが、公家社会では傑出した逸材で役割を果したといえよう。

史実

1837年 清華家三条実万の三男三条実美が京都にて出生(生母は10代土佐藩主山内豊策の娘で15代藩主山内容堂の伯母)

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1848年 三条実万が武家伝奏に就任

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

1854年 ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

1854年 三条公睦の死去に伴い弟の三条実美が家督を承継

1856年 アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る
もっと見る

交遊録

孝明天皇 主君
明治天皇 幼君
和宮 孝明天皇の異母妹
三条実万 尊攘派の父
三条公輝 公爵を継いだ三男
鷹司輔煕
近衛忠煕 実万の同志
九条尚忠 実万の政敵
姉小路公知 破約攘夷の同志
条西季知 七卿落ちの同志
もっと見る