著名自分史「岩倉具視」

オリジナル

岩倉 具視

いわくら ともみ

岩倉 具視

1825年~1883年

60

大久保利通の盟友として薩摩藩の朝廷工作を担い王政復古・討幕の密勅・辞官納地を成功させた豪腕公卿、王政復古の大号令で朝廷から世襲制を排除し自ら太政官の最高位に就いたが公家優遇に固執し立憲制・自由民権運動に反対

寸評

基礎点 80点 岩倉具視は、大久保利通の盟友として薩摩藩の朝廷工作を担い王政復古・討幕の密勅・辞官納地を成功させた豪腕公卿である。イカツイ容貌で押しが強く謀略も得意、岩倉具視は軟弱な公家社会にあって極めて希少な硬骨漢であり、明治維新に不可欠な役割を果し新政府の最高位に就いた。
-20点 岩倉具視は、幕末の土壇場で薩摩藩に担がれ朝廷サイドで主役級の働きをしたが、それ以外に見るべき業績は無く、開国か鎖国か・尊攘か佐幕かといった政治理念は二の次で朝廷の発揚と自身の出世のために動いたようにみえる。少壮期から世襲公卿に反発した岩倉具視は、「八十八卿列参事件」で幕府の条約勅許を妨害したが、安政の大獄で佐幕化し和宮降嫁を主導、久坂玄瑞・武市半平太ら尊攘派の糾弾で失脚し孝明天皇崩御まで政局から姿を消した。大久保利通に担ぎ出された岩倉具視は最幕末の朝廷工作を担い、太王政復古の大号令で朝廷から世襲制を排除し自ら太政官の最高位に就いたが、大久保を支持し西郷隆盛ら征韓派を追放したくらいしか業績は無く、公家優遇に固執し立憲制・自由民権運動に反対する反動政治家の首魁となった。

史実

1825年 羽林家堀河康親の次男堀河周丸(岩倉具視)が京都にて出生

1838年 堀河周丸(岩倉具視)が羽林家岩倉具慶の次女誠子の許婚として入嗣

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 岩倉具視が関白鷹司政通へ歌道入門、公家社会上層部にアクセス

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

1854年 ペリー艦隊が再来航し日米和親条約締結(蘭露英仏と続く安政五ヶ国条約)、吉田松陰がアメリカ船での海外密航を企てるが失敗し自主して伊豆下田の牢に投獄される

詳細を見る

1856年 アロー号事件(~1860)~英仏連合軍が仕掛けた第二次アヘン戦争

詳細を見る

1858年 老中首座堀田正睦が条約勅許取得に失敗(岩倉具視・大原重徳らの廷臣八十八卿列参事件)

詳細を見る
もっと見る

交遊録

孝明天皇 主君
明治天皇 幼君
和宮 孝明天皇の異母妹・公武合体の駒
岩倉具定 公爵に叙された次男
堀河紀子 実妹・和宮降嫁の同志
久我建通 和宮降嫁の同志
千種有文 和宮降嫁の同志
富小路敬直 和宮降嫁の同志
今城重子 和宮降嫁の同志
大原重徳 同志
もっと見る