著名自分史「井伊直弼」

オリジナル

井伊 直弼

いい なおすけ

井伊 直弼

1815年~1862年

40

「譜代筆頭」彦根藩主として幕政に乗込み「魔王」長野主膳の暗躍で大老に就き安政五ヶ国条約の無勅許調印と徳川家茂の将軍就任を強行、安政の大獄で反抗勢力を大弾圧したが桜田門外の変で横死し尊攘運動・幕府不要論が勃興

寸評

基礎点 70点 井伊直弼は、ペリー来航後の混迷期に「譜代筆頭」彦根藩主として幕政に乗込み大老の強権を発動して安政五ヶ国条約の無勅許調印と徳川家茂の将軍就任を強行、安政の大獄で一橋派諸侯と尊攘派志士を弾圧したが桜田門外の変で水戸浪士に殺害された。幕末一の悪役である井伊直弼の登場と劇的な大老の暗殺劇は、武力政権たる徳川幕府の権威を著しく損なわせ、幕府不要論を呼起す契機となり、雄藩や志士の政治運動がエスカレートする一大画期となった。事なかれ主義の幕閣で敢えて憎まれ役を買って出た勇気と野心、有能を謳われた徳川斉昭・島津斉彬・松平春嶽を打倒し独裁体制を築いた行動力は政治家として評価すべきだろう。
-30点 開国政策を断行した井伊直弼だが、外圧への対応策とか政治体制をどうすべきかといった政治理念よりも「攘夷の姿勢を見せつけてから開国し洋式軍備を整え西洋列強と対峙すべし」と主張する「四賢候」への対抗上、安政五ヶ国条約の無勅許調印を強行したに過ぎないようにみえる。徳川家茂の将軍擁立も同様で、徳川慶喜を推す一橋派を退け自身が幕政を握るための政治的行動だった。徳川慶喜が「才略には乏しいが、決断力のある人物」と評したように、現代風にいえば井伊直弼は政治家ならぬ政治屋であり、また長野主膳への依存度が強すぎたせいか意外にキャラクターも薄い。極めつけは桜田門外の変の大失態で、最高位の大老が白昼しかも江戸城で襲撃され落命した事件は前代未聞・驚天動地の出来事であり、武力に拠って立つ徳川幕府の威信を大きく傷つけた。

史実

1815年 13代彦根藩主井伊直中の十四男井伊直弼が彦根城にて出生(当時の彦根藩主は長兄の井伊直亮)

1817年 イギリス船が浦賀に来航

1824年 イギリス捕鯨船員の常陸上陸事件、徳川斉昭の水戸藩を中心に攘夷熱が高まる

詳細を見る

1825年 水戸藩の会沢正志斎が尊王攘夷の思想書「新論」を著作

詳細を見る

1825年 異国船打払令

1828年 シーボルト事件

1829年 徳川斉脩の急死に伴い弟の徳川斉昭が9代水戸藩主に就任、水戸学に基づき尊皇攘夷運動を牽引

1830年 鍋島斉直の隠居に伴い鍋島直正が10代佐賀藩主に就任、佐賀藩の藩政改革と近代化が始まる

詳細を見る

1837年 水戸藩主徳川斉昭と水戸学派が実権を掌握し藩校弘道館を開設し藩政改革を始動

詳細を見る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る
もっと見る

交遊録

井伊直政 偉大な彦根藩祖
井伊直中 父・13代彦根藩主
井伊直亮 長兄・14代彦根藩主
井伊直元 早世した次兄
井伊直憲 庶長子・16代彦根藩主
長野主膳 異能の謀臣
徳川家斉 11代将軍
徳川家慶 12代将軍
徳川家定 篭絡した13代将軍
徳川家茂 擁立した14代将軍
もっと見る