著名自分史「土方歳三」

オリジナル

土方 歳三

ひじかた としぞう

土方 歳三

1835年~1869年

70

武蔵多摩の農民ながら近藤勇と共に幕府浪士組に身を投じ京都の尊攘派志士を戦慄させた新撰組「鬼の副長」、新撰組壊滅後も戊辰戦争を戦い抜き武士の意気地を示して函館に散った佐幕派志士のヒーロー

寸評

基礎点 80点 土方歳三は、武蔵多摩の農民ながら近藤勇と共に幕府浪士組に身を投じ京都の尊攘派志士を戦慄させた新撰組「鬼の副長」、新撰組壊滅後も戊辰戦争を戦い抜き武士の意気地を示して函館に散った佐幕派志士のヒーローである。機能不全に陥った幕府の汚れ役を担い志士弾圧に狂奔した新撰組の行動は時流に逆行するものであったが、裸一貫で幕末の風雲に身を投じ度胸剣法と命懸けの働きで身分制の壁を打破り、惰弱化した大名や武士達が続々と無条件降伏するなか最も武士らしく闘い抜き幕府の有終の美を飾った。潔い新撰組の青春群像が日本人を魅了するのは尤もな現象であり、現在も文芸・観光の重要資源として活躍を続けている。土方歳三は、百姓身分ながら武士に憧れて剣術修行に励み「試衛館」道場主の近藤勇と共に幕府浪士組に応募、清河八郎の策謀を排し京都守護職松平容保のもとに「新撰組」を結成すると、芹沢鴨を斃して愚連隊を統制のとれた精強部隊に改造し、八月十八日政変・禁門の変・池田屋事件などに活躍、幕末混乱の「位打ち」で新撰組隊士全員が幕臣に採用された。鳥羽伏見の戦いが起ると刀剣専門の新撰組は薩長軍の洋式軍備を前に為す術無く壊滅、土方歳三は負傷した近藤勇を励まし徳川慶喜を追って江戸へ下るが厄介払いされ、「甲陽鎮撫隊」で官軍に挑むも完敗した。失意の近藤勇は投降を選び斬首されたが、なお闘志の衰えない土方歳三は江戸へ戻って旧幕府軍に合流し北関東で官軍と戦いつつ会津戦争に参陣、庄内藩に援軍を断られると仙台から榎本武揚の旧幕府海軍に合流し北海道へ乗込んで箱館五稜郭・松前城を占拠した。榎本武揚は「蝦夷共和国」樹立を宣言したが、頼みの綱である「開陽丸」の座礁沈没で官軍に制海権を奪われ、五稜郭は猛撃に晒され次々に拠点を落とされた。頽勢挽回が不可能となっても土方歳三は徹底抗戦を貫き、死に場所を求めるように弁天台場に突撃し官軍の銃撃に身を晒した。
-10点 土方歳三は、新撰組の編成と統率に抜群の才能を発揮し愚連隊集団を精強部隊へ改造したが、陰謀を凝らして多数の同志を殺害した行動は組織防衛とはいえ行過ぎであった。また、新撰組は剣士の集まりで戦争ではなく治安維持を任務としたので仕方ないが、洋式兵器の導入に全く手を付けず戊辰戦争で薩長軍に手も足も出ない結果となった。

史実

1835年 武蔵多摩郡石田村の豪農土方隼人の十子の末子に土方歳三が出生、父母の死去により兄の土方喜六に養育される

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1841年 天保の改革(~1845)~老中水野忠邦による重農主義復古政策

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1849年 土方歳三が江戸上野の松坂屋呉服店に奉公、退職後は家業の石田散薬の行商のかたわら各地の道場を巡訪し剣術修行に励む

1850年 近藤勇(宮川勝五郎)が天然理心流剣術道場「試衛館」の近藤周助に入嗣

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

1852年 松平容敬が死去し養嗣子の松平容保が9代会津藩主となる

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る
もっと見る

交遊録

近藤勇 兄貴分の新撰組局長
沖田総司 弟分で近藤の試衛館の後継者・新撰組一番隊長
長倉新八 生延びた新撰組二番隊長
斉藤一 生延びた新撰組三番隊長
松原忠司 新撰組四番隊長
武田観柳斎 新撰組五番隊長
井上源三郎 新撰組六番隊長
谷三十郎 新撰組七番隊長
藤堂平助 新撰組八番隊長
鈴木三樹三郎 新撰組九番隊長
もっと見る