著名自分史「徳川慶喜」

オリジナル

徳川 慶喜

とくがわ よしのぶ

徳川 慶喜

1837年~1913年

40

大老井伊直弼に14代将軍就任を阻まれたが島津久光の文久の改革で幕政を掌握、長州征討を強行するもまさかの完敗で薩摩藩は薩長同盟へ鞍替え、大政奉還で体制温存を図り辞官納地を拒否しながら土壇場で恭順へ転じた最後の将軍

寸評

基礎点 80点 徳川慶喜は、1862年の文久の改革から1867年の大政奉還まで日本政治を宰領し長州征討や開国政策を推進したが、自身の専横から政権奪取の恩人である島津久光や松平春嶽に見限られ戊辰戦争へ引込まれた。最後の将軍として徳川幕府に終止符を打ち、辞官納地は不本意であったが、絶対恭順を貫いて内戦の拡大を食止めた。本人の意図はともかく、結果として穏便な政権移譲が為され、円滑な新国家創業の功労者となった。維新後しばらく謹慎を続けたが、勝海舟ら旧幕臣の奔走で徳川家達に譲った徳川宗家と自身が興した徳川慶喜家、実家の水戸徳川家までもが最上位の公爵に叙され、歴代将軍中最高の77歳まで長寿を保ち平穏で豊かな余生を送った。
-40点 徳川慶喜は、島津久光(薩摩藩)・松平春嶽(福井藩)ら雄藩連合・公武合体派に担がれて幕政を握ったが、身勝手な行動が薩摩藩を薩長同盟へ奔らせ倒幕の決定的要因となった。英明を謳われた徳川慶喜は将軍らしからぬ政治力を発揮し「家康の再来を見るがごとし」と木戸孝允を慨嘆させたが、世襲貴族らしく人を利用し人が自分に奉仕するのを当然と考える性質が強く思いやりや協調性が欠落、多くの部下を便利使いの末に見殺しにした。京都に一会桑政権を樹立した徳川慶喜は武力補強のため水戸天狗党を呼び寄せたが、幕府が強硬策を採ると自ら追討軍に加わり助命嘆願を黙殺、絶望した天狗党は投降し首謀者の武田耕雲斎・藤田小四郎だけでなく352人もが斬首された。政権の武力を担わされた会津藩は更に悲惨な末路を辿った。徳川慶喜・松平春嶽より京都守護職を押付けられた会津藩主松平容保は、実弟の桑名藩主松平定敬を京都所司代に任じ、藩財政を犠牲にして多くの藩士を京都に駐在させ新撰組・見廻組も雇って長州藩や尊攘派志士と闘った。戊辰戦争が起ると徳川慶喜は松平容保・松平定敬を伴い江戸へ逃避、絶対恭順に決すると薩長に目の敵にされ引くに引けない松平兄弟と小栗忠順ら抗戦派の幕閣を江戸から追払った。松平容保は会津藩士のみならず奥羽越列藩同盟で隣藩も巻込み大義名分の立たない会津戦争を強行、白虎隊・少年隊に象徴される多くの犠牲者を出した。維新後、徳川慶喜は公爵に叙され幸福な余生を送ったが正に「一将功成って万骨枯る」、朝敵とされた東北諸藩人は明治政府で出世の機会を制限され、会津藩士に至っては不毛の下北半島に押込められ(斗南藩)付随う領民も無く塗炭の苦しみに喘いだ。

史実

1837年 9代水戸藩主徳川斉昭の七男徳川慶喜が小石川水戸藩邸にて出生

詳細を見る

1837年 水戸藩主徳川斉昭と水戸学派が実権を掌握し藩校弘道館を開設し藩政改革を始動

詳細を見る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1841年 天保の改革(~1845)~老中水野忠邦による重農主義復古政策

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1844年 水戸藩守旧派の工作により幕府が徳川斉昭を隠居・謹慎処分、嫡子の徳川慶篤が10代藩主となる

詳細を見る

1845年 水野忠邦が罷免され、開明派の阿部正弘が老中首座となる

1846年 フランスが琉球の開国を要求

1847年 徳川斉昭が老中安倍正弘を後ろ盾に諸生党首領の結城朝道を失脚・隠居に追込む

1847年 徳川慶喜が一橋昌丸に入嗣し御三卿一橋家を継ぐ

詳細を見る
もっと見る

交遊録

徳川斉昭 実父にして一橋派の首領
徳川慶久 慶喜嫡子
徳川慶篤 斉昭嫡子・10代水戸藩主
徳川篤敬 慶篤嫡子
徳川昭武 斉昭十八男
一橋昌丸 養父
徳川家達 徳川宗家の後継
藤田幽谷 水戸学の泰斗・彰考館総裁
藤田東湖 幽谷次男・優秀な謀臣
藤田小四郎 東湖四男・見捨てた天狗党幹部
もっと見る