著名自分史「山内容堂」

オリジナル

山内 容堂

やまうち ようどう

山内 容堂

1827年~1872年

0

「幕末四賢候」に列したが謀臣吉田東洋の死後は「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」の迷走、勇み足で武市半平太を殺して中央政局から脱落し大政奉還建白で徳川家擁護を図るも薩長に無視された土佐のアル中藩公

寸評

基礎点 50点 山内容堂は、将軍徳川慶喜に大政奉還を建白した土佐藩の国主で、明治維新後に土佐藩は「薩長土肥」の一角を占めた。
-50点 山内容堂は、「幕末土佐藩の最高権力者」というだけで個人的業績は無く、謀臣吉田東洋の活躍で「幕末四賢候」に名を連ねたが、吉田の死後は政見を見失い佐幕と勤皇の間を迷走し「酔えば勤皇・覚めれば佐幕」と揶揄された。山内容堂は、吉田東洋を殺した武市半平太に土佐藩の外交を委ねたが、下級藩士の専横に立腹して突然梯子を外し土佐勤皇党を弾圧、長州藩が挫折すると用無しとばかりに武市を誅殺した。が、高杉晋作のクーデターで長州藩尊攘派は復活し幕府軍を撃退、薩長同盟主導の政局に慌てた山内容堂は後藤象二郎を執政に据えて巻返しを図るが時期既に遅し、徳川慶喜を援護するつもりで出した大政奉還が辞官納地を早める結果となり、「徳川家を盟主とする大名共和制」は薩長に無視され幕府は戊辰戦争に引きずり込まれた。山内容堂は最後まで徳川家擁護に固執し出兵を拒否、「薩長土肥」入りは土佐勤皇党の残党「迅衝隊」を率い独断で戊辰戦争に参戦した板垣退助のお陰である。ハングリー精神旺盛な土佐郷士には有為の人材が多かったが山内容堂の「酔えば勤皇・覚めれば佐幕」に失望し悉くが脱藩、坂本龍馬・中岡慎太郎・吉村寅太郎・土方久元・田中光顕らは志士として名を成したが、藩の後ろ盾がないために大きな活躍をすることができず多くの受難者を出した。西郷隆盛ら他藩士も「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」と憤慨したようにブレる山内容堂はリーダーとして最悪、酒乱とアルコール中毒が拍車を掛け、見せ場の小御所会議でも醜態を晒した。

史実

1827年 山内南家1500石の山内豊著の嫡子山内豊信(山内容堂)が高知城下にて出生

1837年 水戸藩主徳川斉昭と水戸学派が実権を掌握し藩校弘道館を開設し藩政改革を始動

詳細を見る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1841年 吉田東洋(後藤象二郎の義理の叔父)が中級藩士(馬廻格200石)吉田家を相続、翌年土佐藩庁に出仕し藩政改革に参与

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1844年 水戸藩守旧派の工作により幕府が徳川斉昭を隠居・謹慎処分、嫡子の徳川慶篤が10代藩主となる

詳細を見る

1845年 水野忠邦が罷免され、開明派の阿部正弘が老中首座となる

1848年 14代土佐藩主山内豊惇が死去、山内容堂が末期養子となり15代藩主に就任

1848年 後藤正晴が死去し嫡子の後藤象二郎が家督相続、義理叔父の吉田東洋に養育される

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

交遊録

山内豊著
山内豊資 父の兄・12代土佐藩主
山内豊熈 豊資嫡子・13代土佐藩主
山内豊惇 豊資次男・14代土佐藩主
山内豊範 豊惇嫡子で容堂養嗣子・16代土佐藩主
吉田東洋 恩人にして側近
後藤象二郎 吉田の義理甥・新おこぜ組首領
板垣退助 新おこぜ組
福岡孝悌 新おこぜ組
小笠原唯八 新おこぜ組
もっと見る