著名自分史「後藤象二郎」

オリジナル

後藤 象二郎

ごとう しょうじろう

後藤 象二郎

1838年~1897年

30

山内容堂と共に土佐勤皇党を粛清し時流に取残されたが坂本龍馬・中岡慎太郎を抱込み大政奉還建白で桧舞台に立った土佐藩執政、維新後は政府高官となり板垣退助の自由民権運動に従うも迷走続きで事業も破綻

寸評

基礎点 50点 後藤象二郎は、義理叔父の山内容堂を暗殺した武市半平太を切腹させ土佐勤皇党を壊滅させたが、第二次長州征討で幕府権威が失墜すると図太くも武市門下の坂本龍馬・中岡慎太郎に急接近し海援隊・陸援隊で懐柔、土佐藩参政として山内容堂を動かし大政奉還建白に漕ぎ着けた。坂本龍馬の進言に従ったに過ぎないが、薩摩藩の西郷隆盛・大久保利通を相手に一時的とはいえ政局の主導権を握った手腕はなかなかであった。が、薩長の陰謀で幕府が戊辰戦争へ引きずり込まれ大政奉還は無効化、後藤象二郎は徳川家擁護に固執する山内容堂を翻意させることができなかった。土佐藩が「薩長土肥」に食込めたのは、戊辰戦争に独断参戦した板垣退助の功績である。
-20点 後藤象二郎には大政奉還建白の他に大した業績は無い。特に維新後は新政府の首班に名を連ねながら泣かず飛ばず、同じく政争で下野し自由民権運動の旗手となった板垣退助・大隈重信とは段違いであった。さらに後藤象二郎は、親友の板垣退助とは正反対で金銭にだらしなく、公金を蕩尽した挙句に収賄事件を起し自滅した。後藤象二郎が土佐商会の責任者に抜擢した岩崎弥太郎は三菱財閥を興したが、後藤は下僚として便利遣いしただけでインサイダー情報提供くらいの貢献しかしておらず、晩年は娘婿の岩崎弥之助のお陰で貧窮を免れた。さらに、伯爵後藤家を継いだ嫡子の後藤猛太郎と孫の後藤保弥太も遊蕩で身を持崩し、妻に逃げられ「さすらいの子連れ伯爵」と世の嘲笑を浴びた保弥太は貧乏故に爵位を放棄した。華族制度に反対し自ら伯爵位を返上した板垣退助の家と好対照で、3代続いた狂気の遊蕩癖は後藤象二郎の不徳の致す処であった。

史実

1838年 土佐藩の中級藩士(馬廻格150石)後藤正晴の嫡子後藤象二郎が高知城下にて出生

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1841年 吉田東洋(後藤象二郎の義理の叔父)が中級藩士(馬廻格200石)吉田家を相続、翌年土佐藩庁に出仕し藩政改革に参与

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1848年 14代土佐藩主山内豊惇が死去、山内容堂が末期養子となり15代藩主に就任

1848年 後藤正晴が死去し嫡子の後藤象二郎が家督相続、義理叔父の吉田東洋に養育される

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

1853年 土佐藩主山内容堂が吉田東洋を参政に抜擢し藩政改革を推進

もっと見る

交遊録

山内容堂 主君
山内豊範 容堂養嗣子の土佐藩主
吉田東洋 義理叔父で大師匠
板垣退助 新おこぜ組の同志
福岡孝悌 新おこぜ組の同志
小笠原唯八 新おこぜ組の同志
岩崎弥太郎 便利な部下・三菱初代
岩崎弥之助 娘婿・三菱2代目
岩崎久弥 三菱3代目
岩崎小弥太 孫・三菱4代目
もっと見る