著名自分史「坂本龍馬」

オリジナル

坂本 龍馬

さかもと りょうま

坂本 龍馬

1835年~1867年

70

土佐藩を脱藩して勝海舟に師事するが神戸海軍操練所の閉鎖に伴い薩摩藩の庇護下に入り亀山社中・薩長同盟に貢献、土佐藩に戻って大政奉還を差配し「世界の海援隊」を夢見たが暗殺された幕末一の人気者

寸評

基礎点 70点 坂本龍馬は、勝海舟に学んだ航海術と周旋の才を武器に幕臣や諸藩の志士と交流し、薩摩藩のエージェントとして薩長同盟の成立に貢献した。ただ、龍馬ファンには耳障りだろうが、薩長同盟と「裏書」のほかに大きな政治的貢献はなく、それとて主役は西郷隆盛・大久保利通と木戸孝允・高杉晋作であり、周旋の労は長州藩で重きをなした中岡慎太郎の方が大きかった。亀山社中は薩摩藩が長州藩に武器輸入の便宜を図るために設けたダミー会社、土佐海援隊は土佐藩による懐柔策である。本来政治活動家である坂本龍馬らの操船技術と商才は怪しいもので、「ワイル・ウエフ号」「いろは丸」を海難事故で失い、両社とも経営は火の車で海援隊の世話を押付けられた岩崎弥太郎は大いに苦労した。坂本龍馬は、土佐藩執政の後藤象二郎に大政奉還建白を促し薩長志士に周旋して土佐藩の中央政局復帰に貢献したが、大政奉還論は坂本龍馬のオリジナルではなく幕臣の勝海舟や大久保一翁すら主張した時流であり、戊辰戦争勃発で薩長の機先をかわす効果も得られなかった。「船中八策」は中央情勢に疎い後藤象二郎ら土佐藩士には画期的だったろうが、民主主義の元祖である横井小楠ら福井藩士や進歩派知識人が共有していた政治思想の域を出ず、さらに作成者は海援隊士の長岡健吉とされる。坂本龍馬が有名になったのは、田中光顕と司馬遼太郎のお陰である。日露戦争開戦前夜、美子皇后の枕頭に白装束の武人が立ち自分が日本海軍を守護すると言った。不思議に思った皇后が宮内大臣の田中光顕に語り、それは坂本龍馬に違いないということになった。田中光顕は、土佐勤皇党から中岡慎太郎に随身して陸援隊の幹部となり、明治政府で土佐人の佐々木高行・土方久元と共に宮廷政治を主宰した人物。薩長の専横に対抗するため坂本龍馬を持ち出したと思われ、皇后の夢が「陸軍人」なら兄貴分の中岡慎太郎に代わっていただろう。司馬遼太郎は『竜馬がゆく』の作者で、過剰な感情移入により坂本龍馬を幕末の主人公に仕立て上げた。

史実

1835年 土佐藩郷士の坂本八平直足の次男坂本龍馬が高知城下にて出生

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1848年 坂本龍馬が日根野弁治の小栗流道場に入門

1850年 武市半平太が小野派一刀流の麻田直養に入門、忽ち上達し高知城下に剣名を馳せる

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 坂本龍馬が江戸へ1年間の自費遊学、千葉定吉(北辰一刀流)の桶町千葉道場に入門

詳細を見る

1853年 ペリー来航、坂本龍馬は臨時招集され品川の土佐藩下屋敷の守備にあたる

詳細を見る

1853年 坂本龍馬が佐久間象山の私塾に入門し西洋知識を学ぶ

詳細を見る
もっと見る

交遊録

山内容堂 見限った主君
山内豊範 容堂養嗣子の土佐藩主
日根野弁治 剣術の先生
武市半平太 土佐勤皇党首領
中岡慎太郎 土佐勤皇党員・薩長同盟の同志
大石弥太郎 土佐勤皇党員
間崎哲馬 土佐勤皇党員
平井収二郎 土佐勤皇党員
吉村寅太郎 土佐勤皇党員・脱藩仲間
岡田以蔵 土佐勤皇党員の人斬り
もっと見る