著名自分史「松岡洋右」

オリジナル

松岡 洋右

まつおか ようすけ

松岡 洋右

1880年~1946年

0

長州出身ゆえに後藤新平の引きで満鉄幹部に納まり軍部と大衆に迎合し強硬外交を扇動、独断で国際連盟脱退劇を演じ第二次近衛文麿内閣の外相として日独伊三国同盟・南部仏印進駐を主導した史上最悪の外政家

寸評

基礎点 20点 松岡洋右は米国オレゴン大学を出て外交官の傍流を歩んだが、山口出身ゆえに長州閥・後藤新平の引きで満鉄副総裁に就任、張作霖爆殺事件後の好戦ムードに乗じて「満蒙生命線論」を煽り、大衆人気を背景に衆議院議員へ転じた。「大東亜共栄圏」を唱える松岡洋右は、外務省主流の幣原喜重郎を弾劾し対英米協調・対中不干渉の「幣原外交」を打倒、1933年「満州国」が欧米の批判を浴びるなか首席全権として国際連盟総会に乗込み独断で派手な脱退劇を演じた。軍部と大衆の人気を得た松岡洋右は代議士を辞めて全国遊説し「政党解消運動」で首相を狙うも挫折、古巣の満鉄で総裁に就くと関東軍参謀長の東條英機を支持し親戚の岸信介・鮎川義介と共に陸軍主導の満州支配を実現させ「弐キ参スケ」に数えられた。1940年反欧米(現状打破)の近衛文麿が第二次内閣を組閣すると同志の松岡洋右は外相に就任、主要外交官40数名の一斉更迭など大粛清を強行し白鳥敏夫・大島浩・吉田茂ら積極外交派で外務省中枢を固め、田中新一・石川信吾ら陸海軍の強硬派と共に日独伊三国同盟および南進政策(北部仏印進駐)を主導した。が、徒に「漁夫の利」を狙う松岡洋右の場当り外交は激変する国際情勢で右往左往し脆くも破綻した。欧州を席巻するナチス・ドイツ軍の強勢をみた松岡洋右は「1940年秋頃」の大英帝国崩壊を予想し、第一次大戦における日英同盟と同様に日独同盟で参戦の口実を整え、米ソと不戦体制を維持しつつ手薄なアジアを攻め英仏蘭の植民地奪取を企図した(南進政策)。松岡洋右はスターリンと日ソ中立条約を締結し有頂天となったが独ソ戦勃発で計算が狂い、アメリカは意に反して大規模な英中援助に乗出し対日経済封鎖を強行、軍需物資の大半を対米輸出に頼る日本は窮地に陥った。慌てた松岡洋右外相は南進政策停止と対米妥協へ転じたが、野村吉三郎駐米大使の日米和解交渉を妨害し、蘭印との経済交渉も打切らせ、対ソ開戦(関東軍特種演習)を主張するに至り迷走は極みに達した。近衛文麿首相は内閣改造で松岡洋右を放逐したが既に退路は無く、日本は資源を求めて南部仏印進駐を強行し対米開戦へ引込まれた。
-20点 近衛文麿首相・松岡洋右外相のコンビが躍動した第二次近衛内閣は、ポピュリズムが国を誤まらせる典型例であった。五摂家筆頭の近衛文麿には欧米秩序への反発があるだけで出世や栄達の野心は感じられないが、野心剥き出しの松岡洋右は軍部と大衆のウケをとっては有頂天となった。松岡洋右の外交に大局は無く「漁夫の利」狙いに終始、第二次大戦当初優勢だったナチス・ドイツと同盟し火事場泥棒の如き南進政策で英仏蘭のアジア植民地を掠め取ろうと図ったが、大英帝国の早期崩壊・ソ連敗退・アメリカ不参戦・日独伊ソ連携などの希望的観測は悉く裏目に出て、日本は最悪の対米単独開戦へ引込まれた。また松岡洋右は日ソ中立条約を締結し南進政策を強めたが、日本敗戦の土壇場でソ連は条約を反故にし関東軍が去った満州を蹂躙した。悲惨な目に遭わされた満州居留民は気の毒であったが、ソ連を手玉にとったつもりの松岡洋右は独ソ戦開戦に伴い対ソ侵攻を主張しており、松岡個人の不信義は魔王スターリンと五十歩百歩であった。日ソ中立条約に際しチャーチル英首相は論理的に軽挙妄動を諌めたが、松岡洋右は「八紘一宇の大目的実現のためにやっているのだから構うな」と日本固有の皇国史観で反駁している。こんな人物を外相に就けた近衛文麿首相と軍首脳の責任は極めて重いが、それにしても松岡洋右外相は憲政史上最悪の人選であった。

史実

1880年 山口県熊毛郡室積村(現光市)で廻船問屋を営む松岡三十郎の四男に松岡洋右が出生

1893年 家業が破産し13歳の松岡洋右が親戚を頼り渡米

詳細を見る

1894年 不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

1894年 朝鮮で甲午農民戦争、日清両軍が朝鮮へ派兵し一触即発

詳細を見る

1894年 日清戦争勃発

詳細を見る

1895年 下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

1895年 三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

1895年 台湾総督府設置

詳細を見る

1895年 朝鮮で親ロシア政権誕生、閔妃殺害事件

詳細を見る

1896年 露清密約、ロシアが清から東清鉄道敷設権を獲得

詳細を見る
もっと見る

交遊録

近衛文麿 亡国仲間
広田弘毅 同志
大島浩 同志
白鳥敏夫 同志
末次信正 同志
久原房之助 同志
徳富蘇峰 同志
中野正剛 同志
後藤新平 出世の恩人
山本条太郎 満鉄仲間
もっと見る