著名自分史「北里柴三郎」

オリジナル

北里 柴三郎

きたざと しばさぶろう

北里 柴三郎

1853年~1931年

80

「血清療法の発明」で世界的細菌学者となるが東大閥に締出され福澤諭吉の援助で「伝染病研究所」「北里研究所」を創設、慶應義塾大学医学部と日本医師会の創立も主導した医学会の巨星

寸評

基礎点 70点 北里柴三郎は「血清療法」を発明した東洋人初の世界的医学者にして北里研究所・慶應義塾大学医学部・日本医師会の創立者である。熊本阿蘇の庄屋に生れた北里柴三郎は、熊本医学校から東大医学部へ進み、内務省衛生局に出仕しドイツ留学を許された(同僚の後藤新平は生涯の親友となった)。独ベルリン大学に入った北里柴三郎は「近代細菌学の開祖」コッホに師事し研究に没頭、「破傷風菌純粋培養法」「破傷風菌抗毒素」を発見し1890年「血清療法」を発表し世界の医学会を驚かせた。ただし、1901年北里柴三郎は第1回ノーベル医学生理学賞の候補となったが人種的偏見から共同研究者ベーリングの単独受賞となり、また1894年には香港で「ペスト菌」を発見したが第一発見者は同時期に香港に居たイェルサンとなった。さて北里柴三郎は、欧米研究機関の招聘を断り国費留学の責務を果すべく帰国したが、緒方正規教授の「脚気病原菌説」を否定したことで東大医学部閥が牛耳る日本医学会から締出された。偉材の窮状を見兼ねた福澤諭吉が森村財閥の援助で1892年「伝染病研究所」を開設し北里柴三郎を所長に迎えたが、骨抜きを図る東大閥は「国立伝染病研究所」へ改組させ東大医学部への吸収を強行、北里所長以下全職員が一斉辞任する「伝研騒動」を引起した。1914年北里柴三郎は私立「北里研究所」を設立、北島多一・志賀潔(赤痢菌発見者)・秦佐八郎(梅毒特効薬発明者)ら研究員も挙って移籍し狂犬病・インフルエンザ・赤痢・発疹チフスなどの血清開発と伝染病研究を継続した。学閥に屈さず実力通り日本医学界の重鎮となった北里柴三郎は、結核療養施設・日本結核予防協会・貧民救済病院などの創設に努め、1916年府県医師会の統合により「大日本医師会」を発足させ初代会長に就任した(1923年法定化され「日本医師会」となる)。また北里柴三郎は、慶應義塾大学医学部の創設に尽力し初代学部長兼付属病院長を引受け、北里研究所から教授陣を派遣するなど無償で福澤諭吉の旧恩に報いている。北里柴三郎は男爵に叙され、慶大医学部長および日本医師会会長を北島多一に引継ぎ、78歳で永眠した。
10点 北里柴三郎は学閥に阿ることなく真理追究という学者の矜持を貫いた。北里柴三郎は、医学会と医療行政を牛耳る東大医学部の出身ながら東大閥が固執する「脚気病原菌説」の誤りを指摘し、「血清療法」の発明で世界的医学者の評価を得たにも関わらず日本の医学界から締出された。慶應義塾の福澤諭吉に救われ「伝染病研究所」の所長に迎えられたが、伝染病研究所は東大医学部に吸収され、策謀に怒った北里柴三郎は職員を引連れ私立「北里研究所」を創設、東大医学部の対抗馬となる慶應義塾医学部の創立を主導し、現場の医師を糾合して「日本医師会」を立上げ初代会長に就任した。日本の学界は長年「象牙の塔」「白い巨頭」などと批判されつつ未だに学閥と権威主義が蔓延り、ノーベル賞受賞者を筆頭に頭脳流出に歯止めが掛からない状況が続くが、その牙城ともいうべき医学界の草創期において反学閥の北里柴三郎が東洋人初の快挙を成遂げ医師会などの枠組みを築いた事実は記憶されるべきだろう。

史実

1853年 肥後阿蘇郡小国郷北里村の庄屋北里惟保の嫡子に北里柴三郎が出生

1853年 ペリー来航

詳細を見る

1858年 幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

1858年 福澤諭吉が築地鉄砲洲の中津藩中屋敷で蘭学塾を開講(慶應義塾の起源)

1863年 緒方洪庵死去

1863年 八月十八日の政変~薩摩藩・会津藩が長州藩を追放し久坂玄瑞・木戸孝允・武市半平太らの破約攘夷運動が瓦解

詳細を見る

1864年 禁門の変

詳細を見る

1864年 徳川慶喜が長州追討の勅命を得て第一次長州征討を決行

詳細を見る

1864年 馬関戦争~英仏蘭米の四国連合艦隊が下関を攻撃し長州藩を降伏させる

詳細を見る

1864年 長州藩恭順により第一次長州征討が停戦・征長軍全権に任じられた西郷隆盛が宥和路線を主導

詳細を見る
もっと見る

交遊録

ローベルト・コッホ 細菌学の大師匠
コンスタント・ゲオルグ・ファン・マンスフェルト 熊本医学校の師匠
パウル・エールリッヒ コッホ門下の先輩・ノーベル賞受賞者
フリードリヒ・レフラー 細菌学の先生
エミール・フォン・ベーリング ノーベル賞独り占めした共同研究者
長与専斎 マンスフェルト門下の先輩
石黒忠悳 東大医学部閥のドン
緒方正規 東大医学部同期にして同郷・同年生れの宿敵
森鴎外 東大医学部閥の脚気病原菌説論者
後藤新平 親友
もっと見る