著名自分史「小平浪平」

オリジナル

小平 浪平

おだいら なみへい

小平 浪平

1874年~1951年

80

欧米技術の模倣を嫌悪し「国産技術立国」の理想を貫いた反骨の電機技術者にして日立製作所・日立グループ創業者

寸評

基礎点 80点 小平浪平は、欧米技術の模倣を嫌悪し「国産技術立国」の理想を追求し続けた日立製作所創業者である。東大工学部を卒業し発電設備技術者となった小平浪平は、秋田県の藤田組小坂鉱山・広島水力電気を経て「電気工学を学んだ者の羨望の的」東京電燈(現東京電力)送電課長に栄進したが、どの職場でも外国製機械と外国人技師への依存に反発し、「痩せても枯れても自力で機械を作る」ため1906年元上司の久原房之助が開業した久原鉱業所日立鉱山に入社した。鉱山経営に不可欠な電源開発を託された小平浪平は発電所建設を陣頭指揮したが、排水ポンプ用の電動機(モーター)に故障が多く難渋、大半がGEやWestinghouseなど外国製だったことに反骨心を刺激され「故障しないモータが日本人の手で作れるはずだ、作れないのは、作ろうとしないからだ」と修理改良に乗出した。故障を克服し自信を得た小平浪平はモーターの国産化を決意し、1910年久原房之助を口説いて出資金を引出し現日立市に「日立製作所」創業(企業名より地名が先)、交通不便な僻地で工場も掘立小屋同然だったが、帝大教授陣を抱込んで倉田主税(2代目社長)・駒井健一郎(3代目社長)ら優秀な技術者を獲得し、見習工養成所(現日立工業専修学校)も開設した。設備も経験も不足するなか国産初の大型電動機製造に成功した日立製作所は、創意工夫で技術力を高めつつ発電設備・電動機市場に割安な国産製品を浸透、大物工場の全焼で小平浪平は経営危機に直面したが、翌1920年久原房之助義兄の鮎川義介が経営難の久原財閥を承継し窮地を脱した。「日産コンツェルン」に再編された日立製作所は成長を加速、電気機関車製造に進出し、小平浪平が「日立精神を守る」と製造拠点を留めたことで関東大震災を免れ東芝などが壊滅的被害を蒙るなか復興需要で急伸、日中戦争に伴う軍需景気と日産の満州重工業開発に乗り一流重機メーカーへ発展を遂げた。第二次大戦後、小平浪平は公職追放に遭い、1951年相談役で復帰したが世襲経営を否定し「日立製作所がおれの論文であり、記念だよ。ほかに何もいらぬ」と言残し同年77歳で世を去った。
基礎点 点
基礎点 点

史実

1874年 栃木市都賀町合戦場の豪農小平惣八の次男に小平浪平が出生

1882年 渋沢栄一主導で大阪紡績(現東洋紡)株式会社設立、紡績業の発展を牽引

詳細を見る

1886年 岩崎弥之助が三菱社設立

詳細を見る

1886年 藤岡市助・大倉喜八郎らが東京電燈(現東京電力)設立、全国各地で電力普及が進む

詳細を見る

1886年 企業勃興~起業ブームが始まる

詳細を見る

1889年 大日本帝国憲法発布

詳細を見る

1891年 久原房之助(藤田伝三郎の甥)が井上馨の命で森村組から藤田組へ移籍し小坂鉱山(秋田県鹿角郡小坂町)の鉱山長となる

1892年 第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る

1894年 不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

1894年 日清戦争勃発

詳細を見る
もっと見る

交遊録

久原房之助 大風呂敷のボス
鮎川義介 久原の義兄・新ボス
藤田伝三郎 久原の叔父
藤田文子 資金繰りの恩人
藤田小太郎 藤田伝三郎の甥で同郷人
井上馨 久原の親分
渋沢栄一 井上派財界人
原敬 井上の義娘婿
田中義一 久原の盟友
鳩山一郎 久原の同志
もっと見る