著名自分史「豊田喜一郎」

オリジナル

豊田 喜一郎

とよだ きいちろう

豊田 喜一郎

1894年~1952年

100

豊田佐吉の長男で共に画期的な動力織機を発明するが、繊維産業の凋落を見越し紡績から自動車への事業転換を敢行したトヨタグループ創業者

寸評

基礎点 80点 豊田喜一郎は日本最強トヨタグループの創業者である。国産初の動力織機を発明し一代で「紡績財閥」を築いた豊田佐吉の長男であり、自らも織機開発の第一人者であったが、繊維産業の衰退を予見し自動車事業への大転換を図った先見の明が光る。東大工学部機械工学科を卒業し「豊田紡織」に入った豊田喜一郎は、経営者より技術者を志向し「無停止杼換式自動織機(G型自動織機)」の開発を陣頭指揮、「豊田自動織機製作所」で織機事業に参入し本場イギリスへも進出した。が、世界恐慌が繊維産業を直撃すると、豊田喜一郎は愛知県で勃興する自動車産業への参入を決意、妹婿で家長の豊田利三郎の猛反対を抑え1933年豊田自動織機製作所内に自動車部を創業した。豊田喜一郎は、大番頭の西川秋次や従弟の豊田英二の支援で膨大な開発資金を捻出し、「A1型乗用車」「G1型トラック」の試作成功で日産自動車と共に自動車製造事業法の助成認可を獲得、1937年「トヨタ自動車工業」を設立し量産を開始した。日中戦争の激化でトヨタ自動車工業には軍用トラックの注文が舞込み、国策に乗った豊田喜一郎は挙母(→豊田市)に巨大工場を立上げ部品製造子会社の継足しで急速に業容を拡大(愛知製鋼・アイシン精機・トヨタ車体・デンソー・豊田通商などへ発展)、業績不振の豊田紡織を吸収し第二次大戦の輸出封鎖で壊滅した紡績関連事業を自動車事業に取込んだ。第二次大戦後、トヨタ自動車工業は財閥解体の対象とされるも分社化戦略が幸いし実害を免れたが、1950年ドッジ・ライン恐慌で経営危機に陥り大規模労働争議も発生、東海銀行・三井銀行などの協調融資で倒産は免れたが、「工販分離」を強制され豊田喜一郎社長ら首脳陣は引責辞任へ追込まれた。が、皮肉にも直後に朝鮮戦争が始まり軍用トラックの特需で業績はV字回復、権威回復した豊田喜一郎は石田退三ら後継体制から社長復帰を要請されたが1952年57歳で急逝した。1955年クラウン発売で自家用車へ転換したトヨタは高度経済成長に乗り「工販合併」も果し世界一へ躍進、社長は豊田喜一郎直系の豊田英二・豊田喜一郎・豊田章男へ受継がれ同族支配が続いている。
20点 トヨタといえば自家用車だが、豊田喜一郎が豊田自動車工業を興した1937年から日中戦争・第二次大戦・朝鮮戦争に至るまで軍用トラックで業容を拡大したものであり、「クラウン」発売で民需へ転換したのは創業者の死から3年目の1955年であった。このため今日のトヨタ自動車と豊田喜一郎の直接的な関係を否定する向きもあるが、大きなリスクが伴う自動車産業参入を断行した企業家精神と技術開発力が全ての発端であった。さらに結果論ではあるが、ライバルの日産やマツダが外資の軍門に降るなか、トヨタがホンダと共に日本企業であり続ける意義は大きく、今も豊田喜一郎の直系子孫による同族経営が保たれており、優れた創業理念と技術者魂の賜物といえよう。「自動車立国」の旗艦であると同時に膨大な外貨と税収をもたらすトヨタグループと創業者の豊田喜一郎に対し、日本国民は深く感謝すべきであり、間違っても国外退避を促す愚を犯してはならない。

史実

1887年 安田善次郎が安田家の資産管理会社「安田保善社」設立

詳細を見る

1894年 豊田佐吉の長男豊田喜一郎が愛知県湖西市山口にて出生

1894年 不平等条約改正(領事裁判権・片務的最恵国待遇の撤廃)

詳細を見る

1894年 日清戦争勃発

詳細を見る

1895年 下関条約で日清戦争終結、朝鮮(李朝)が初めて中国から独立しソウルに独立門建立

詳細を見る

1895年 三国干渉~露仏独が日本に遼東半島返還を要求

詳細を見る

1896年 豊田佐吉が動力織機「豊田式木鉄混製力織機」を発明し繊維業界を席巻(2年後特許取得)

詳細を見る

1897年 松方正義首相・岩崎弥之助日銀総裁が貨幣法を制定し金本位制移行を断行

詳細を見る

1897年 豊田佐吉が石川藤八の援助で乙川綿布合資会社を設立し動力織機製綿布を発売

1898年 列強による清の植民地争奪競争が激化

詳細を見る
もっと見る

交遊録

豊田佐吉 偉大な父
豊田利三郎 義兄
豊田英二 優秀な従兄弟
豊田章一郎 長男
豊田達郎 次男
豊田章男
飯田新七 岳父
西川秋次 父の右腕
石田退三 後継者
神谷正太郎 後継者
もっと見る