著名自分史「小林一三」

オリジナル

小林 一三

こばやし いちぞう

小林 一三

1873年~1957年

90

沿線住民の生活を丸抱えする私鉄経営モデルを創始した元祖「鉄道王」にして大衆消費社会のパイオニア、現在も同族経営で一家繁栄する阪急東宝グループの創業者

寸評

基礎点 80点 小林一三は、鉄道・宅地造成・商業・娯楽施設の一体開発により沿線住民の生活を丸抱えする「私鉄経営モデル」で阪急東宝グループを築いた大衆消費社会のパイオニア、政商・軍閥ばかりの明治企業家で異彩を放つ存在である。甲州屈指の素封家に生れた小林一三は慶應義塾へ進み小説家を志すも挫折、三井銀行でヤル気の無い社会人となったが、大阪支店長の岩下清周との出会いで運命が一変、北浜銀行を創設した岩下の勧誘で設立間もない箕面有馬電気軌道の経営者となった。経営難の敗戦処理を託された小林一三だが、当時斬新なパンフレットで事業の将来性と「田園趣味に富める楽しき郊外生活」を謳い、甲州財閥を口説き資金調達に成功、現在の宝塚本線・箕面線の開業に漕ぎ着けると、沿線の土地買収と宅地造成で巨利を博し阪神急行電鉄へ改称した(→阪急電鉄)。さらに「阪急沿線の分譲住宅に住み、買物は阪急百貨店、レジャーも阪急宝塚で」という着想を得た小林一三は、終点の宝塚に宝塚新温泉を開設し唱歌隊(→宝塚歌劇団)で集客に注力、始点の大阪梅田にはターミナルビルを建てて阪急梅田百貨店を開業し、沿線土地の付加価値を膨らませつつ新規事業を開拓した。「鉄道王」小林一三の私鉄経営モデルは、五島慶太の東急・堤康次郎の西武・根津嘉一郎の東武らに踏襲され鉄道・レジャー産業発展の原動力となった。阪急百貨店は支店網を広げ全国ブランドへ成長し、数寄者の小林一三は温泉座興で始めた宝塚少女歌劇に巨費を投じ宝塚大劇場・東京宝塚劇場(略して東宝)・宝塚音楽歌劇学校を創設、帝国劇場など日比谷一帯の劇場も傘下に収め浅草の松竹と東京興行界を二分するに至り映画配給でも成功を収めた。ホテル事業を創業し(阪急阪神第一ホテルグループ)阪急ブレーブス・阪急西宮球場も作った小林一三は63歳で社業を退いたが、財界重鎮として東京電燈(東京電力)の経営再建や昭和肥料(昭和電工)設立に働き、第二次近衛文麿内閣の商工大臣も引受けた。第二次大戦後、小林一三は幣原喜重郎内閣に入閣したが公職追放に遭い、東宝社長に復帰し阪急東宝グループを同族経営を固めたあと84歳で永眠した。
10点 平和産業ゆえか財閥解体を免れた阪急東宝グループは第二次大戦後の大衆消費社会で大発展を遂げ、小林一三の没後60年を経ても直系子孫による同族経営が円満に続いている。好き放題の事業で大成功を収めた小林一三は、死してなお最高の幸運を享受しているといえよう。なお阪急電鉄は、三男の小林米三から養子の小林公平へ受継がれ、公平の長男で小林一三の曾孫にあたる小林公一が常務取締役(宝塚歌劇団理事長を兼務)に就いている。東宝は、小林一三の次男で婿養子に出た松岡辰郎が承継し、嫡流の松岡功・松岡宏泰へ社長が受継がれており、テニスプレーヤーからテレビタレントとなった松岡修造は宏泰の弟である。

史実

1873年 甲斐韮崎の豪農小林甚八の嫡子に小林一三が出生

1873年 地租改正法・地租改正条例布告

詳細を見る

1876年 国立銀行条例改正、国立銀行の隆盛が始まる

詳細を見る

1876年 三井銀行および三井物産設立

1876年 安田善次郎が第三国立銀行を設立し「銀行王」への道を踏出す

詳細を見る

1877年 西南戦争、西郷隆盛が鹿児島城山にて自害(享年51)

詳細を見る

1878年 福地源一郎・渋沢栄一ら有力財界人の出願により東京株式取引所設立

詳細を見る

1882年 渋沢栄一主導で大阪紡績(現東洋紡)株式会社設立、紡績業の発展を牽引

詳細を見る

1885年 福澤諭吉が「脱亜論」を発表

詳細を見る

1885年 第一次伊藤博文内閣発足(太政官制の廃止と内閣制度の開始)

詳細を見る
もっと見る

交遊録

福澤諭吉 大師匠
岩下清周 出世の恩人
中上川彦次郎 岩下の宿敵
松永安左エ門 慶應同窓の親友
犬養毅 慶應の大先輩
武藤山治 慶應同窓の財界仲間
渋沢栄一 財界総理
根津嘉一郎 甲州財閥仲間
若尾逸平 甲州財閥仲間
雨宮敬次郎 甲州財閥仲間
もっと見る