著名自分史「大村益次郎」

オリジナル

大村 益次郎

おおむら ますじろう

大村 益次郎

1824年~1869年

80

木戸孝允の招聘で長州藩に出仕し適塾仕込みの洋式兵学と武器輸入で近代的軍隊を創建、浜田城制圧や上野彰義隊との戦争を指揮し維新後は徴兵制・近代的国軍建設を進めたが暴漢に襲われ横死した「日本陸軍の創始者」

寸評

基礎点 90点 大村益次郎(村田蔵六)は、木戸孝允の招聘で長州藩に出仕し適塾仕込みの洋式兵学と武器輸入で近代的軍隊を創建、浜田城制圧や上野彰義隊との戦争を指揮し維新後は徴兵制・近代的国軍建設を進めたが暴漢に襲われ横死した「日本陸軍の創始者」である。大村益次郎は、庶民の出自ながら、緒方洪庵の適塾に学んで塾頭に進み幕府の講武所教授に招聘されて蘭学者の道を極め、洋式軍制改革の第一人者として長州藩・明治政府で軍政官僚のトップに立った立志伝中の偉材である。出身地は周防だが最初から長州藩士だったわけではなく、江戸で存分に実力を示してから「先生」として長州藩に招かれ藩政に参与した。長州藩に乗込んだ大村益次郎は、藩校明倫館での熱血指導に留まらず、高杉晋作が創始した奇兵隊など諸隊の現場監督に任じて洋式兵制を導入し、軍艦やミニエー銃・ゲベール銃などの新式兵器を大量購入、険悪な関係にあった正規軍と諸隊を統合再編して全軍を洋式軍隊に改造し、自ら軍隊を指揮して幕府方の浜田城を攻落し江戸に乗込んで上野彰義隊を撃滅した。西洋通の大村益次郎には、諸藩兵の廃止と鎮台兵の設置、徴兵制の導入、兵学校による職業軍人の育成、兵器工場の建設といった明確な近代的軍事国家の建設プランがあり、大村は暴漢に襲われ道半ばで斃れたが明治国家は大村の方針通りに進み後輩の山縣有朋ら長州人が陸軍を牛耳った。
-10点 軍事で鬼才を発揮した大村益次郎だが、政治力には関心が薄い或いはセンスが乏しく過剰な薩摩嫌いは自身の活躍の場を狭めた。薩摩藩は、禁門の変で幕府に与し長州藩を追落しながら密かに薩長同盟を結び、長州藩が第二次長州征討に勝利すると強硬な討幕路線へ転換、戊辰戦争が始まると西郷隆盛は徳川家赦免へ転じ江戸総攻撃を中止した。西郷隆盛・大久保利通の抜群の政治力の為せる業だが、大村益次郎には単なる反覆変転に映り、鳥羽伏見の戦いを制した薩摩藩が長州藩へ出兵を求めると猛反対、江戸無血開城が成ると西郷隆盛が勝海舟や大久保一翁に騙されたと憤慨し、自ら無法地帯と化した江戸へ乗込むと兵員不足を理由に慎重論を説く有村俊斎(西郷の子分で横柄な態度が他藩人から憎まれた)を「君は戦を知らぬ」と侮辱し上野彰義隊の武力討伐を断行した。長州軍首領として明治政府に入った大村益次郎は、見事な近代的軍事国家のプランを持ちながら兵制論争で桐野利秋ら薩摩士族と対立し徴兵制を頓挫させられ、間もなく暴漢に襲われ落命した。暗殺犯は長州士族だが有村俊斎の差金という噂がたった。大村益次郎の遺志を継いだ山縣有朋は西郷隆盛を味方につけて徴兵制を実現したが、大村に薩摩藩と妥協する要領があれば横死せずに済んだかも知れず、フランス流国民軍を志向した愛弟子の山田顕義が軍政を継げば山縣有朋は現場の大将で終わり歪な陸軍長州閥や文民統治の排除は無かったかも知れない。

史実

1824年 周防吉敷郡鋳銭司村の村医者村田孝益の嫡子に大村益次郎が出生

1825年 異国船打払令

1838年 緒方洪庵が大阪瓦町で医師開業、適々斎塾(適塾)を開く

詳細を見る

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1842年 大村益次郎が周防防府に出て梅田幽斎(シーボルトの弟子)の私塾で医学や蘭学を学ぶ

1843年 大村益次郎が豊後日田へ遊学し広瀬淡窓の私塾咸宜園に入門

詳細を見る

1844年 大村益次郎が帰国し梅田塾に復帰

1846年 大村益次郎が大阪遊学し緒方洪庵の適塾に入門、翌年から1年間長崎へ遊学

1848年 久坂玄機(玄瑞の長兄)が緒方洪庵の適塾の塾頭となるが翌年長州藩に召還され医学所好生館の都講に就任、適塾塾頭は大村益次郎が後継

もっと見る

交遊録

緒方洪庵 大師匠
梅田幽斎 蘭学の先生
シーボルト 梅田の先生
広瀬淡窓 咸宜園の先生
久坂玄機 適塾生・前任塾頭
橋本左内 適塾生
福澤諭吉 適塾生
大鳥圭介 適塾生
箕作秋坪 適塾生
佐野常民 適塾生
もっと見る