著名自分史「渋沢栄一」

オリジナル

渋沢 栄一

しぶさわ えいいち

渋沢 栄一

1840年~1931年

100

徳川慶喜の家臣から欧州遊学を経て大蔵省で井上馨の腹心となり、第一国立銀行を拠点に500以上の会社設立に関わり「日本資本主義の父」と称された官僚出身財界人の最高峰

寸評

基礎点 90点 渋沢栄一は「日本資本主義の父」とも称される財務官僚・実業家でる。藍玉の製造販売も手掛ける武蔵の豪農に生れた渋沢栄一は、少年期から商売に親しみつつ、従兄尾高惇忠の影響で尊攘運動に身を投じ同志と共に高崎城襲撃・横浜焼打ちを企てるが頓挫し逃亡(従兄の渋沢成一郎は上野彰義隊頭取となり箱館戦争まで転戦)、一橋家重臣の平岡円四郎に拾われた。一橋家に仕官した渋沢栄一は忽ち「建白魔」となり領内の農民兵徴募や財政改革を任されて成功を収め、主君の徳川慶喜にも評価された。徳川慶喜の将軍就任に伴い幕府御家人に大出世した渋沢栄一は、パリ万国博覧会に出席する徳川昭武(慶喜実弟)の随員に選ばれる大幸運に恵まれ、維新の動乱期を優雅な外遊生活で過ごした。帰国した渋沢栄一は徳川宗家と慶喜が移された静岡に移住するも仕官は断り、石高拝借金の合本組織運用を提案し静岡商法会所の頭取となって資本主義の実践に着手した。がその矢先、渋沢栄一は大蔵大輔の大隈重信に突然スカウトされ新政府に出仕、改正掛の革新運動を牽引し、岩倉使節団に出た大久保利通に代わり大蔵省のトップに就いた井上馨の腹心となり、銀座煉瓦街建設、富岡製糸場開設、第一国立銀行設立・国立銀行条例制定など洋化政策を主導した。が、岩倉使節団が帰国すると大蔵省は再び大久保利通の掌中に帰し、井上馨は尾去沢銅山汚職事件で引責辞任、渋沢栄一は井上に殉じ実業界へ転じた。第一国立銀行に天下った渋沢栄一は、三井組の吸収工作撃退で実権を掌握して頭取に就き本格的な財界活動に入った。西南戦争後、薩長藩閥と大隈重信=三菱の対立が激化し、井上馨に連なる渋沢栄一は矢面に立たされ窮地に陥ったが、明治十四年政変で薩長藩閥が勝利を収め政府から大隈一派を追放、「三菱海上王国」も共同運輸会社に吸収された。以降の渋沢栄一は第一国立銀行を拠点に順風満帆の活躍を続け財界人で唯一子爵を受爵、自ら60社近い事業を立上げ、東京証券取引所・東京瓦斯・東京海上火災保険・王子製紙・東京急行電鉄・秩父セメント・秩父鉄道・京阪電気鉄道・キリンビール・サッポロビール・東洋紡績・帝国ホテルなど500社以上の設立に関与した。
10点 渋沢栄一は、農民の出自ながら御三卿一橋家で頭角を現し主君徳川慶喜の将軍就任により幕府御家人に大出世、明治維新後は新進気鋭の大蔵官僚となって洋化政策を牽引し、井上馨に殉じ実業界へ転じると実力で財界の第一人者に上り詰めた。薩長藩閥の庇護を受けつつも己の信念を貫き且つ潰されず大成したのが渋沢栄一の凄いところで、終生兄事した井上馨とは三井による小野組潰しや第一国立銀行吸収工作で対立し、新政府出仕の恩人である大隈重信とは完全な敵対関係となり共同運輸首脳として「三菱海上王国」との死闘を制した。渋沢栄一は、岩崎弥太郎や安田善次郎のような純然たる企業家ではないが、官僚出身ながら実務能力と覇気を兼備え、世襲財閥による開発独裁を嫌い資本の分散(株式会社)を説く高い見識を持った偉材であった。

史実

1840年 武蔵榛沢郡血洗島村の豪農渋沢市郎右衛門の嫡子に渋沢栄一が出生

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る

1858年 井伊直弼が大老に就任、一橋派の粛清が始まる(安政の大獄)

詳細を見る

1858年 幕府が日米修好通商条約に無勅許調印、英仏蘭露とも同様(安政五カ国条約)

詳細を見る

1858年 徳川家茂が14代将軍就任、一橋派が将軍継嗣問題に敗北

詳細を見る

1860年 桜田門外の変~徳川斉昭の意を受けた水戸浪士らが江戸城桜田門外で大老井伊直弼を暗殺(享年48)

詳細を見る

1861年 渋沢栄一が従兄の渋沢成一郎と共に2ヶ月間江戸遊学

1862年 坂下門外の変~水戸浪士が老中安藤信正を襲撃

詳細を見る

1862年 和宮降嫁、渋沢栄一が深谷宿の夫役に徴用される

詳細を見る

1862年 京都で攘夷派志士による天誅事件が頻発

詳細を見る
もっと見る

交遊録

徳川慶喜 主君
徳川昭武 慶喜の弟にして洋行の手掛かり
平岡円四郎 暗殺された大恩人
黒川嘉兵衛 平岡後任の上司
原市之烝 暗殺された良き上司
勝海舟 二股者
大久保一翁 慶喜の側近
尾高惇忠 従兄にして側近
渋沢成一郎 従兄にして側近
渋沢元治 大学者になった甥
もっと見る