著名自分史「井上馨」

オリジナル

井上 馨

いのうえ かおる

井上 馨

1836年~1915年

60

高杉晋作の長州維新に貢献、維新後は貪官汚吏の筆頭格と批判されつつも親友伊藤博文の政策を支え三井財閥・渋沢栄一・原敬らを援助した明治政財界の重鎮

寸評

基礎点 80点 井上馨の政治的業績というと鹿鳴館外交と条約改正失敗くらいしか世に記憶されていないが、伊藤博文の裏方として政治活動を支え続けた功績は重要であった。井上馨は常に伊藤博文の側に立って内地優先・対外協調路線を堅持し、切所の日露戦争では伊藤と共に日露協商政策を推進しつつ戦時財政の総監督役として日銀の高橋是清を抜擢し膨大な戦費調達を成功へ導いた。伊藤博文没後の井上馨は、元老会議・長州閥のリーダーとして政界調整に奔走し、第一次山本権兵衛内閣や第二次大隈重信内閣の成立を主導した。一方、井上馨は伊藤博文と対立する山縣有朋陣営とも気脈を通じ、三井財閥など財界への橋渡し役を務めつつ、山縣直系の桂太郎と縁戚を結んで長州閥内の調整役を演じた。また志士時代から経済に明るい井上馨は、長州閥の権威を背景に黎明期の財界で縦横に腕を振るい、西郷隆盛が「三井の番頭」と揶揄した如く三井財閥の三野村利左衛門・中上川彦次郎・益田孝らはもちろん、久原房之助・鮎川義介・藤田伝三郎・大倉喜八郎ら長州系政商、渋沢栄、石坂泰三など錚々たる財界人を支援、貪官汚吏の代表格と批判されつつも財界重鎮として終生絶大な権勢を保持した。さらに、これも高杉晋作の陰に隠れあまり知られていないが、井上馨が親友の伊藤博文と共に孤軍奮闘の高杉を支え長州維新に果した役割も見逃せない。第一次長州征討に際し佐幕恭順派に闇討ちされた井上馨は全身を切り刻まれ瀕死の重傷を負ったが、自害を思い留まり奇跡的に蘇生すると功山寺で挙兵した高杉晋作に従い尊攘派の政権奪回に大貢献した。
-20点 井上馨は大変な世話好きで、義娘婿の原敬、縁戚の鮎川義介、腹心の渋沢栄一、三井財閥の三野村利左衛門・中上川彦次郎・益田孝をはじめ、久原房之助・石坂泰三・藤田伝三郎・高橋是清・西園寺公望ら多くの政財界人を損得抜きで援助した。井上馨は「雷公」「雷親父」と渾名された癇癪持ちながらさっぱりした憎めない性格だったが、公私混同が誰よりも激しく「貪官汚吏筆頭格」の批判もやむなしであった。特に三井財閥との深い癒着は公然の事実であり、西郷隆盛が呼んだ「三井の番頭」というよりは「三井の首脳」というべき関係であった。ただ程度の差はあれ、維新期における政財界の癒着は井上馨と長州閥に限ったことではなく、薩摩閥では黒田清隆・五代友厚が開拓使官有物払下げ事件を引起し、民権派へ転じ薩長閥を攻撃した大隈重信も岩崎弥太郎の三菱とズブズブで多大な恩恵を受けている。さらにいえば、庇護を受けた財界の側も、政治家から資金の融通など多くの見返りを求められ、三井財閥などは井上馨や山縣有朋のせいで膨大な不良債権を抱え経営難に陥ったほどであり、単純な利益供与という関係ではなかったことにも留意すべきである。

史実

1836年 長州藩の中級藩士井上五郎三郎光亨の次男井上馨が周防湯田村にて出生

1853年 ペリー来航

詳細を見る

1857年 吉田松陰の門人が増えたため杉家邸内に塾舎を設置し(松陰神社内に現存)叔父の玉木文之進から「松下村塾」の塾名を承継

詳細を見る

1858年 吉田松陰が野山獄に再投獄され松下村塾は廃止

詳細を見る

1859年 吉田松陰が幕命で江戸に召喚され評定所の尋問を受ける

詳細を見る

1859年 吉田松陰が老中間部詮勝襲撃計画を自白し江戸小塚原刑場にて斬首(享年30)、江戸に居た木戸孝允・伊藤博文らが小塚原に埋葬

詳細を見る

1861年 和宮降嫁の勅許、薩長土の尊攘派志士が三藩主上洛を約束

詳細を見る

1861年 長井雅楽の航海遠略策が藩論となり長州藩が公武周旋に乗出すが吉田松陰門下の木戸孝允・高杉晋作・久坂玄瑞らは猛反対

詳細を見る

1862年 久坂玄瑞が長井弾劾運動を展開

詳細を見る

1862年 長州藩が長井雅楽の「航海遠略策」を朝廷に建白するが老中安藤信正の失脚により公武周旋を断念、長井は失脚し木戸孝允・久坂玄瑞ら尊攘派が優勢となる

詳細を見る
もっと見る

交遊録

高杉晋作 偉大なボス
伊藤博文 大親友
吉田松陰 弟子入りせず
木戸孝允 気難しいボス
久坂玄瑞 過激なボス
山縣有朋 腐れ縁
毛利敬親 殿様
毛利元徳 若殿様
周布政之助 自派の上司
品川弥二郎 同郷の志士仲間
もっと見る