著名自分史「福澤諭吉」

オリジナル

福澤 諭吉

ふくざわ ゆきち

福澤 諭吉

1835年~1901年

70

慶應義塾の創始者にして「西洋事情」の紹介者、「脱亜論」が後世に禍根を残したが、大隈重信の黒幕として自由民権運動をリードした文明開化のカリスマ

寸評

基礎点 80点 緒方洪庵の「適塾」で蘭学・蘭語を修めた福澤諭吉は、通商条約批准の遣米使節および文久遣欧使節に随行して米英の優勢を悟り英語を習得、英語教育を売りに「慶應義塾」を大発展させた。福澤諭吉は教育活動に励むかたわら、森有礼の明六社に参加し、『西洋事情』『西洋旅案内』『学問のすゝめ』『文明論之概略』などを刊行して大衆の洋化啓蒙活動を牽引し、慶應義塾と共に福澤派の牙城となる『時事新報』を創刊した。福澤諭吉は政治活動には一定の距離を置いたが、明治十四年政変で大隈重信が失脚すると、専横を強める伊藤博文・井上馨ら薩長藩閥と絶交し、福澤派・慶應義塾グループを母体に立憲改進党を発足させ「元筆頭参議」の大隈を党首に担いだ。大隈重信・犬養毅・矢野文雄・尾崎行雄ら福澤諭吉の門人は政界に隠然たる勢力を形成し、また三菱・三井など経済界へも多くの門下生を提供した。固い結束を誇り今日も政財界の一角を占める慶應義塾「三田会」の親玉という点において、福澤諭吉が日本国に及ぼした影響は計り知れないものがある。また福澤諭吉は、東大閥から締出された北里柴三郎を救済し国立伝染病研究所・北里研究所・慶応義塾大学医学部を創設、医学会にも大きな足跡を残している。
-10点 福澤諭吉は、親友の後藤象二郎と共に金玉均の朝鮮独立党を支援したが、甲申事変が失敗に終わり朝鮮民衆の排日姿勢が強まるのをみて従来の「興亜論」を一変、『時事新報』社説で「脱亜論」を発表した。福澤諭吉は近隣諸国の支配層にも民意にも匙を投げ「亜細亜東方の悪友を謝絶する」といった強い論調で近代化を進めない清や朝鮮を非難する一方、「日本は近代化路線を邁進して西欧列強の仲間入りを果し、他のアジア諸国に対しては西欧列強と同じ手法で接すべし」と主張した。折りしも、日本国内では文明開化の進展に連れアジア蔑視の風潮が起りつつあり、世論の主流は興亜論から福澤諭吉の脱亜論へ移り、日清戦争開戦の機運が醸成されていった。没後の事ゆえ福澤諭吉に直接責任は無いが、脱亜論は大隈重信・加藤高明らの「対外硬」へ受継がれ大衆迎合パフォーマンスで先鋭化し「対華21カ条要求」の暴挙へ繋がったともいえよう。

史実

1835年 豊前中津藩の下級藩士福澤百助の次男福澤諭吉が大坂堂島の藩蔵屋敷にて出生

1836年 父福澤百助の死去に伴い福澤諭吉は中津へ転居

1838年 緒方洪庵が大阪瓦町で医師開業、適々斎塾(適塾)を開く

詳細を見る

1843年 福澤諭吉が儒学者白石照山の私塾「晩香堂」に入門

1846年 大村益次郎が大阪遊学し緒方洪庵の適塾に入門、翌年から1年間長崎へ遊学

1848年 久坂玄機(玄瑞の長兄)が緒方洪庵の適塾の塾頭となるが翌年長州藩に召還され医学所好生館の都講に就任、適塾塾頭は大村益次郎が後継

1849年 福井藩士の橋本佐内が緒方洪庵の適塾に入門

1849年 緒方洪庵が大阪古手町に除痘館を開き牛痘種痘法を開始

詳細を見る

1852年 大鳥圭介が緒方洪庵の適塾に入門

1853年 [ペリー来航]マシュー・ペリー艦隊が浦賀に来航、フィルモア米大統領の親書交付

詳細を見る
もっと見る

交遊録

緒方洪庵 大師匠
大村益次郎 そりが合わない適塾の同門
橋本左内 適塾の同門
大鳥圭介 適塾の同門にして親友
箕作秋坪 適塾の同門
長與專齋 適塾の同門
佐野常民 適塾の同門
横井小楠 交流は無いが自由主義の同志
江川坦庵 尊敬する人物
勝海舟 不仲の上役
もっと見る