著名自分史「木戸孝允」

オリジナル

木戸 孝允

きど たかよし

木戸 孝允

1833年~1877年

100

吉田松陰・久坂玄瑞・高杉晋作の遺志を継ぎ薩長同盟して討幕を仕上げた長州藩首領にして「維新の三傑」、明治維新後3年で最難関の廃藩置県を成遂げ憲法制定を志したが大久保利通と対立し西南戦争の渦中に病没

寸評

基礎点 110点 木戸孝允は、吉田松陰・久坂玄瑞・高杉晋作の遺志を継ぎ長州藩の指導者として討幕を果した「維新の三傑」である。明治維新後は新政府首脳として保守貴族の岩倉具視や妥協論へ傾きがちな大久保利通と対立しつつリベラル路線を貫き、最大の難関であった版籍奉還・廃藩置県を早期に実現する原動力となり、四民平等・学制制定で国民皆学の平等社会を実現、晩年は三権分立の立憲政体樹立を目指した。先を見通す識見に現実感覚と行動力を兼備えた優秀な政治家であり、同時代人の多くが木戸孝允の卓見を賞賛している。
-10点 「逃げの小五郎」と渾名された木戸孝允は、逃げるとときは逃げる潔さで池田屋事件・禁門の変を生延びたが、粘り強さに欠け衝突すると放り出す傾向があり(高杉晋作はもっとひどいが)、維新期には窮地に陥った長州藩へ戻らず高杉晋作の孤軍奮闘を座視し、明治政府では大久保利通の粘り腰に敗れヘソを曲げて下野した。また、木戸孝允は若い頃から僻みっぽい偏屈な性格で、高杉晋作は「艱難は共にできるが富貴は共にできない」という意味深な言葉を置いて奪回した政権を木戸へ譲り渡した。禁門の変の恨みを忘れ難い木戸孝允は、西郷隆盛が下関交渉を反故にした件に固執して薩長同盟のための上洛を逡巡し、晩年は更に嫌味が増して長州人からも敬遠された。王政復古の賞典禄は長州の木戸孝允と薩摩の大久保利通が決めたとされるが、高杉晋作のクーデターを支えた功労者の伊藤博文や井上馨を選ばず、木戸に近いだけの広沢真臣(舎弟)や桂太郎(同族)を選ぶという不可解な論功行賞を行った。木戸孝允は武士身分ではない伊藤博文を世に出すため自分の家臣としたが、伊藤は「いつまでも家臣扱いか」と憤り大久保利通へ鞍替え、リーダーとしての人望に難のある木戸は政治的後継者を残すことができなかった。

史実

1833年 長州藩の藩医和田昌景の嫡子和田小五郎(→桂小五郎→木戸孝允)が萩城下にて出生

1836年 毛利斉熙と11代長州藩主毛利斉元が相次いで死去、毛利斉広(斉熙の庶子)が12代藩主を承継

1837年 12代長州藩主毛利斉広の急死に伴い毛利敬親(11代藩主毛利斉元の嫡子)が13代藩主を承継

1838年 村田清風が長州藩庁の実権を握り藩政改革を断行

1840年 木戸孝允が中級藩士桂九郎兵衛孝古に入嗣し家督を継ぐ

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1846年 木戸孝允が内藤作兵衛に入門し柳生新陰流を修行

1849年 木戸孝允が藩校明倫館に就学、兵学教授の吉田松陰に師事

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

もっと見る

交遊録

木戸幸一 不肖の子孫
毛利敬親 主君にして良き理解者
毛利定広 敬親養嗣子の長州藩世子
内藤作兵衛 剣術の師
斎藤弥九郎 剣術の師
江川坦庵 西洋兵学の先生
中島三郎助 西洋兵学の先生
吉田松陰 大師匠
高杉晋作 松下村塾の双璧
久坂玄瑞 松下村塾の双璧
もっと見る