著名自分史「久坂玄瑞」

オリジナル

久坂 玄瑞

くさか げんずい

久坂 玄瑞

1840年~1864年

80

吉田松蔭の妹文を娶った松下村塾の筆頭門人で長州藩尊攘派のエース、松蔭の「草莽崛起論」を受継ぎ「破約攘夷」で中央政局をリードしたが八月十八日政変で突如瓦解し禁門の変で戦死、長州藩は朝敵にされ窮地に陥る

寸評

基礎点 90点 久坂玄瑞は、吉田松蔭の「草莽崛起論」を忠実に受継いで土佐藩の武市半平太や真木和泉の浪士グループと提携し、長州藩尊攘派志士のリーダーとして藩論を「破約攘夷」へ転換し一時は中央政局を主導した。八月十八日政変・禁門の変で木っ端微塵に砕け散ったが長州藩を維新運動の最前線へ引きずり出し、久坂玄瑞の遺志を継いだ高杉晋作や木戸孝允が藩政を奪回して幕府に再挑戦し第二次長州征討を撃退、薩摩藩を引込んで討幕を果した。
-10点 久坂玄瑞は、吉田松蔭譲りの観念論者で自作自演の朝廷の権威を過大評価し、過激な攘夷運動を嫌う孝明天皇の真意を見誤り八月十八日政変に至っても朝議回復に固執し禁門の変の暴発を引起した。久坂玄瑞は、才気煥発で信念を貫いた一流の志士であったが環境適応力や柔軟性に難があり、吉田松蔭が「志壮気鋭、これをめぐらすに才をもってす」と懸念したように策士策に溺れる結果となった。結局、討幕を成遂げたのは早々に朝廷の権威や志士運動に見切りを付け幕府に対抗するには長州藩が実力を養うしかない(防長割拠論)と喝破した高杉晋作と、融通無碍で逃亡を恥とせず禁門の変を生延びた木戸孝允らであり、久坂玄瑞は維新の導火線役は果したが硬骨過ぎて自ら非業の死を選んだ。

史実

1840年 長州藩の藩医久坂良迪の三男に久坂玄瑞が出生

1840年 アヘン戦争(~1842)

詳細を見る

1842年 異国船打払令を緩和し薪水給付令施行

1848年 久坂玄機(玄瑞の長兄)が緒方洪庵の適塾の塾頭となるが翌年長州藩に召還され医学所好生館の都講に就任、適塾塾頭は大村益次郎が後継

1850年 井伊直亮が死去し弟の井伊直弼が15代彦根藩主に就任、藩政改革に着手し譜代筆頭として幕政に乗出す

1851年 吉田松陰が東北旅行へ出奔、手続き不備のため脱藩の罪を得る

1852年 江戸桜田藩邸に戻った吉田松陰が萩へ召還され脱藩罪により士籍・家禄剥奪のうえ杉百合之助の「育み」とされる

1852年 彦根藩主井伊直弼が長野主膳を知行150石で藩士に召抱え藩校弘道館の国学教授に任じる

詳細を見る

1853年 長州藩主毛利敬親の温情により吉田松陰が10年間の諸国遊学を許され江戸へ出立

1853年 久坂玄瑞が藩校明倫館・医学所好生館に入学

もっと見る

交遊録

毛利敬親 主君にして良き理解者
毛利定広 敬親養嗣子の長州藩世子
吉松淳蔵 寺子屋の先生
吉田松陰 大師匠
高杉晋作 松下村塾の双璧
吉田稔麿 松下村塾の四天王・光明寺党同志
入江九一 松下村塾の四天王・光明寺党同志
伊藤博文 松下村塾生・高杉舎弟
山縣有朋 松下村塾生・光明寺党同志
前原一誠 松下村塾生
もっと見る