著名自分史「西郷従道」

オリジナル

西郷 従道

さいごう つぐみち

西郷 従道

1843年~1902年

70

西南戦争で兄の西郷隆盛と敵対する政府に留まり内閣制度発足から10年以上も海相に在任、「日本海軍の父」山本権兵衛を盛立てた薩摩海軍閥のドン

寸評

基礎点 70点 西郷従道は、兄の西郷隆盛に随って薩摩藩「精忠組」の維新運動に加わり戊辰戦争を転戦、新政府軍では山縣有朋の徴兵制を支持し兄の威光で桐野利秋ら薩摩軍人の反対を抑えたが、薩摩軍人の不満が昂じると台湾出兵を強行した。西南戦争が起ると兄と袂を別って大久保利通の政府軍に属し、西郷隆盛と共に篠原国幹・村田新八・桐野利秋ら有力軍人が戦死したため従兄弟の大山巌と共に薩摩軍閥の首領へ浮上、内閣制度発足から10年以上も海相の座を占め、元帥海軍大将・侯爵・元老に栄達した。西郷従道は黒田清隆と共に大隈重信・岩崎弥太郎を弾圧するなど薩長藩閥の守護者であり、個人的業績は乏しいが、「日本海軍の父」山本権兵衛を引立て海軍の陸軍からの分離独立と強力な組織構築を後押しした功績は大きい。

史実

1843年 薩摩藩士西郷吉兵衛隆盛の三男西郷従道が鹿児島城下加治屋町にて出生(西郷隆盛は実兄)

詳細を見る

1850年 薩摩藩の西郷隆盛・大久保利通らが若手藩士グループを結成(精忠組に発展)

詳細を見る

1858年 薩摩藩主の島津斉彬が急死し率兵上洛計画が頓挫(享年50。毒殺説あり)、養嗣子(島津久光の子)の島津忠義が12代藩主に就任し10代藩主の島津斉興(斉彬・久光の父)が実権を奪回

詳細を見る

1858年 月照・西郷隆盛の入水事件

詳細を見る

1858年 西郷隆盛が奄美大島に潜居

詳細を見る

1859年 島津斉興の死により島津久光が藩主島津忠義の国父として薩摩藩の実権を掌握

1861年 薩摩藩の実権を掌握し率兵上洛を期す島津久光が人事改革を断行し反抗勢力を一掃して小松帯刀・大久保利通らを抜擢

詳細を見る

1862年 平野国臣が『尊攘英断録』を薩摩藩に献じ武力討幕を提案、大久保利通は追払うが有馬新七ら精忠組急進派が賛同し上洛した平野は「島津久光の討幕挙兵近し!」と吹聴し尊攘派は狂奔

詳細を見る

1862年 島津久光の召還命令により西郷隆盛が鹿児島に帰る

詳細を見る

1862年 西郷隆盛が久光上洛の準備と動静視察のため先発

詳細を見る
もっと見る

交遊録

西郷隆盛 兄にして薩摩藩のドン
篠原国幹 兄の子分
村田新八 兄の子分
桐野利秋 兄の子分
辺見十郎 兄の子分
大久保利通 薩摩藩のドン
大山巌 従兄弟にして盟友
黒田清隆 薩摩藩の盟友
松方正義 薩摩閥仲間
川村純義 薩摩閥仲間
もっと見る