著名自分史「服部正成(半蔵)」

オリジナル

服部 正成(半蔵)

はっとり まさなり(はんぞう)

服部 正成(半蔵)

1542年~1596年

50

徳川家康に仕えた伊賀「上忍三家」当主で「神君伊賀越え」で露払い役を果し知行8千石・伊賀甲賀衆支配役に任じられた忍者の出世頭、江戸城「半蔵門」の由来となった嫡子正就は自滅したが子孫は桑名藩家老として存続

寸評

基礎点 50点 服部半蔵正成は、徳川家康に仕えた伊賀「上忍三家」当主で「神君伊賀越え」で露払い役を果し知行8千石・伊賀甲賀衆支配役に任じられた忍者の出世頭、江戸城「半蔵門」の由来となった嫡子の服部半蔵正就は部下の総反発で改易されたが子孫は桑名藩家老として存続した。服部氏は伊賀北部を支配した「伊賀忍」領袖だが、服部保長(初代半蔵)が出稼ぎで室町将軍足利義晴に出仕し三河岡崎城主松平清康へ転じたが、清康は突如家臣に暗殺され嫡子の松平広忠は早世、幼君家康を人質にとられた三河武士は今川義元に隷属した。家康と同年に三河で生れた服部正成は、岡崎城帰還を果した家康に出仕し父の保長から二代目服部半蔵を襲名したとみられる。非忍者説があるが、そもそも支配層の上忍で、所領は依然として伊賀にあり家来は概ね忍者だろうから間諜・撹乱などの特殊技能をもって家康に仕えたと考えられる。1560年桶狭間の戦いで今川義元が討たれると徳川家康は織田信長と清洲同盟を締結し今川方諸城を攻め落として三河を制圧、服部正成は鵜殿長照(義元の甥)の蒲郡宇土城攻略で武功を顕し、今川氏真を滅ぼした遠江掛川城攻略、浅井・朝倉氏を破った姉川の戦い、武田信玄に惨敗した三方ヶ原の戦い、武田勝頼を滅ぼした甲州征伐と武功を重ねた。正室築山殿の謀反で家康は信長の命により嫡子信康を切腹させたが、介錯役の服部正成は涙に咽んで役目を果たせず、むしろ家康の新任を増した。1582年安土で信長の饗応を受けた家康が堺見物に赴いた矢先に本能寺事変が勃発、供廻34人の家康は窮地に陥り追い腹を覚悟したが本多忠勝の制止で思止まり茶屋四郎次郎・服部正成の手引きで伊賀越えに成功し三河岡崎城へ生還した。協力した忍者の多くは徳川家に召抱えられ伊賀同心・甲賀同心として服部正成の支配下に置かれ、正成は家康の関東移封に伴い知行8千石を与えられた。「上忍三家」の百地丹波・藤林長門守ら有力国人は天正伊賀の乱で信長に滅ぼされていた。服部正就の改易に伴い忍者衆の多くは伊賀へ戻され帰農したが、藤堂藩の行政下で半士(忍)半農の「無足人」とされ天草の乱など全国の一揆鎮圧に派遣された。

史実

1542年 松平広忠の家臣で伊賀上忍三家当主の服部保長の四男服部半蔵正成が三河にて出生

1542年 徳川家康(竹千代)が西三河の土豪松平広忠の嫡子として出生(家祖の松平親氏は三河松平郷の庄屋家に婿入りした遊芸僧の徳阿弥、家康の祖父松平清康の代に西三河を制圧したが、清康急死で零落し織田信秀に圧迫された広忠は今川義元に臣従)

詳細を見る

1543年 [鉄砲伝来]倭寇の頭目王直(五峯)の明船がポルトガル人を乗せて種子島に来航、領主の種子島恵時・時尭父子は火縄銃2挺を購入し刀鍛冶の八板金兵衛に命じて複製に成功、貿易商人を通じて忽ち畿内へ伝播し早くも同年中に和泉堺・紀州根来寺・近江国友などで鉄砲製造がスタート、鉄砲と硝石の調達・鉄砲鍛冶の獲得・鉄砲隊の調練は戦国大名の軍事戦略の要諦となる

詳細を見る

1544年 土岐政頼と土岐頼芸が打倒斎藤道三で和解・連携し越前朝倉孝景・尾張織田信秀の加勢を得て南北から美濃国に侵攻、斎藤道三は防衛に成功し政頼を革手城に・頼芸を揖斐北方城に迎え入れる条件で停戦合意

詳細を見る

1545年 [河東一乱]駿河・遠江守護今川義元が関東管領山内上杉憲政や扇谷上杉朝定(朝興後嗣)と連携し富士川を越えて東駿河へ侵攻、北条綱成の武蔵河越城も攻囲され北条氏康は挟撃の危地に陥るが、武田晴信(信玄)の斡旋で河東地域割譲を条件に今川と和睦し河越城救援に向かう

詳細を見る

1546年 [河越夜戦(日本三大奇襲)]北条氏康と関東管領上杉憲政・上杉朝定・古河公方足利晴氏(氏康の妹婿)の連合軍が武蔵河越で決戦、圧倒的寡勢の北条軍は「地黄八幡」北条綱成の奇襲で完勝し、朝定敗死で扇谷上杉氏は滅亡・上野平井城に落延びた憲政の山内上杉家も没落・晴氏は幽閉され氏康が立てた傀儡の次男義氏(氏康娘婿)に古河公方職を奪われ、祖父早雲以来の悲願である打倒上杉氏を果した北条氏康は関東制覇を睨み越後長尾(上杉謙信)・常陸佐竹・安房里見と対峙

詳細を見る

1546年 河越夜戦で関東管領山内上杉憲政に従った上野箕輪城主長野業正が北条氏康に敗れ嫡子吉業を喪うが「箕輪衆」を結束させ西上野の支配圏を堅持(上杉家臣の大胡氏・上泉伊勢守信綱らも長野氏に臣従)、業正は憲政を保護した越後の長尾景虎(上杉謙信)に臣従し北条氏康・武田晴信(信玄)と対峙

詳細を見る

1546年 [舎利寺の戦い]細川晴元に反逆した将軍足利義晴・細川氏綱・細川政国・遊佐長教の反乱を三好長慶の阿波勢と六角定頼の近江勢が制圧、義晴は逃亡先の近江坂本で隠居し10歳の嫡子足利義輝に13代室町将軍を継がせる(2年後に義晴は晴元と和解して京都に戻り晴元は義輝の将軍就任を承諾する)

詳細を見る

1547年 三河岡崎城主松平広忠が6歳の嫡子竹千代(徳川家康)を今川義元へ人質に送るが、駿府へ護送中に家臣戸田康光が裏切り織田信秀に売却、信秀は臣従を強要するが広忠は拒絶、竹千代は危うくも生かされ2年間を尾張で過ごす(織田信長と会った可能性が高い)

詳細を見る

1547年 [加納口の戦い]斎藤道三が尾張織田信秀の侵攻軍を撃破し美濃一国を完全平定、土岐政頼自害・土岐頼芸の越前朝倉家亡命で美濃守護土岐氏は滅亡

詳細を見る
もっと見る

交遊録

服部保長 父・松平清康に仕えた上忍三家当主
服部正就 不肖の嫡子
服部正辰 桑名藩に仕えた正就嫡子
服部正重 家督を継ぎ桑名藩家老となった次男
服部康成 庶長子か・弘前藩筆頭家老となるが後嗣が没落
松平定勝 徳川家康異父弟の久松家当主・正就舅で服部家の大恩人
松平定行 伊予松山藩主となった定勝後嗣
松平定綱 桑名藩主を継いだ定勝三男
百地丹波 織田に滅ぼされた伊賀忍者首領・上忍三家当主
石川五右衛門 丹波の弟子とも
もっと見る