著名自分史「永田鉄山」

オリジナル

永田 鉄山

ながた てつざん

永田 鉄山

1884年~1935年

80

陸軍エリート幕僚を組織化した下克上の盟主で石原莞爾・武藤章・田中新一・東條英機らのリーダー、「国家総動員」へのレールを敷くが内輪揉めで斬殺された昭和史のキーマン

寸評

基礎点 80点 戦後教育は昭和史の本質たる軍事史を教えず、「一夕会」「統制派」を率いた永田鉄山さえあまり知られていないが、「陸軍の至宝」「永田の前に永田なく、永田の後に永田なし」と称された逸材で「永田がいれば大東亜戦争は起きなかった」ともいわれる。陸幼・陸士(16期)・陸大を最優等で卒業した永田鉄山は、事務能力も抜群で陸軍の綱紀粛正・教育制度改革(軍隊教育令)を主導し一般学校の軍事教練(陸軍現役将校学校配属令)も創始、病弱で実戦経験は無いが、部隊に出れば謙虚・公正・合理性で「陸軍一の名連隊長」と慕われ、少壮から陸軍を背負うべき人材と輿望を集めた。第一次大戦前後の欧州情勢視察に任じた永田鉄山は、総力戦時代を痛感し「国家総動員」を提唱、同志のエリート将校を一夕会に組織化し、林銑十郎を陸相に担いで陸軍省枢要の軍務局長に就き長州閥から主導権を奪取した。永田鉄山は、国力の乏しい日本は総力戦に備え中国大陸の軍需資源を利用すべしと主張したが、非合法手段や派閥争いは認めず、十月事件では橋本欣五郎(23期)の極刑を主張し、石原莞爾(陸士21期)らの満州事変では暴走抑止に努めた。一夕会系は「陸軍三長官」を独占したが、統制を重んじる永田鉄山(統制派)と実力行使も辞さない「皇統派」の内部対立が発生、真崎甚三郎の教育総監更迭を巡り抗争が激化するなか皇統派の相沢三郎中佐が永田鉄山斬殺事件を起し、勢いづいた皇統派は巻返しを図り青年将校グループが二・二六事件を引起した。皇統派の自滅で陸軍を掌握した統制派の武藤章・田中新一(25期)・東條英機(17期)らは、永田鉄山の遺志を継いで満州から中国へ侵出し国家総動員体制を実現させたが、強引な手段で泥沼の日中戦争を引起し中国不戦を説く石原莞爾を追放、仲間割れの度に過激へ傾き、近衛文麿・松岡洋右ら反欧主義者と組んで日本を亡国の対米開戦へと導いた。永田鉄山個人は日本型官僚組織・部課長制組織史上の傑物で独断専行の抑止役でもあり、存命なら昭和史が変わった蓋然性は高いが、結果が敗戦ゆえに「陸軍暴走」の先駆者となり、故郷の上諏訪でも記憶されず高島公園の胸像に名残を留めるのみである。

史実

1884年 長野県上諏訪村の郡立高島病院院長の永田志解理の四男に永田鉄山が出生

1895年 永田志解理が死去、困窮した永田鉄山一家は次兄の永田十寸穂(陸軍中尉)を頼り上京

1898年 永田鉄山が東京陸軍地方幼年学校入学

詳細を見る

1904年 日露戦争開戦

詳細を見る

1904年 永田鉄山が陸軍士官学校(16期)を主席卒業、第一師団歩兵第三連隊に配属され日露戦争下の補充兵・志願兵の教育に従事

詳細を見る

1905年 ポーツマス条約調印

詳細を見る

1906年 第二次日韓協約締結、日本が朝鮮を保護国化し文治派の伊藤博文が初代韓国統監に就任

詳細を見る

1906年 永田鉄山が歩兵第五十八連隊附となり朝鮮へ赴任(翌年内地帰任)

1906年 南満州に関東都督府設置

詳細を見る

1906年 南満州鉄道会社(満鉄)設立・後藤新平が初代総裁就任、アメリカの干渉が始まる

詳細を見る
もっと見る

交遊録

小畑敏四郎 宿命のライバル
岡村寧次 盟友
石原莞爾 優秀な後輩
板垣征四郎 石原派
東條英機 不肖の後輩
武藤章 統制派の後継者
田中新一 統制派の後継者
土肥原賢二 統制派仲間
鈴木貞一 統制派仲間
上原勇作 反長州閥のドン
もっと見る