著名自分史「長宗我部元親」

オリジナル

長宗我部 元親

ちょうそかべ もとちか

長宗我部 元親

1539年~1599年

70

父長宗我部国親の遺志を継いで土佐を平定し本能寺の変に乗じて四国統一を果した智勇兼備の名将だが、豊臣秀吉に屈して土佐以外の所領を没収され後嗣盛親が関ヶ原合戦・大坂陣に敗れ滅亡

寸評

基礎点 70点 長宗我部元親は、父長宗我部国親の遺志を継いで土佐統一を果し本能寺の変に乗じて四国制覇を成遂げた智勇兼備の名将だが、豊臣秀吉に屈して土佐以外の所領を没収され後嗣盛親が関ヶ原合戦・大坂陣に敗れ滅亡した。長宗我部兼序が土佐国人連合に討たれた後、遺児の国親は土佐国司一条房家に養われ元服後に長岡郡の旧領に戻された。岡豊城に帰還した国親は、復讐心を隠して国人衆の離間を図りつつ勢力を伸ばし、仇敵の山田教道を討果し1560年本山茂辰を攻めて長浜城・浦戸城を落とすが合戦中に陣没した(長浜の戦い)。嫡子の長宗我部元親は、本山勢の反攻を自ら槍を振るって撃退し「姫若子」と揶揄した家臣達を心服させると(潮江堤合戦)、一条兼定(房家の曾孫)と共に諸豪を切従え1568年本山氏を降伏させて土佐中部を平定、翌年安芸国虎を攻め滅ぼし土佐東部まで制圧し、毛利氏の伊予出兵で致命傷を負った一条兼定を圧迫した。疑心暗鬼の兼定が柱石の土居宗珊を殺害すると、1575年長宗我部元親は一条家重臣を篭絡して兼定を追放し大友宗麟の力添えで攻め返すも殲滅(四万十川の戦い)、土佐統一を果した元親は織田信長と同盟を結び一領具足を率いて強敵不在の四国平定に乗出した。元親は三好一族を掃討して阿波・讃岐を掌中にしたが、1580年畿内を平定した信長が土佐以外の放棄を要求し、1582年抵抗する元親を討つべく大軍を送るが渡航直前に本能寺の変が勃発、昵懇の明智光秀・斎藤利三に窮地を救われた元親は阿波勝瑞城を攻落として十河存保・三好残党を讃岐十河城に追詰め、柴田勝家・徳川家康と通謀して豊臣秀吉に抵抗、1584年讃岐の豊臣勢と伊予の毛利勢を追払い河野通直を降して四国統一を達成した。が、翌年10万余の豊臣軍が来襲すると為す術なく長宗我部元親は土佐一国の安堵を条件に降伏、1586年先発隊2万を率いて九州征伐に乗込むが軍監仙石秀久の勇み足で島津家久の「釣り野伏せ」に嵌って惨敗、期待の嫡子信親を喪った。悲嘆の余り暴君となった長宗我部元親は、反対派重臣を容赦なく誅殺して四男盛親を家督に立て、小田原征伐と2度の朝鮮出兵に従軍して忠誠を示し関ヶ原合戦の直前に病没した。

史実

1539年 土佐長岡郡岡豊城主長宗我部国親の嫡子に長宗我部元親が出生

1539年 土佐国司で幡多郡を領する一条房家が病没し(長宗我部国親を庇護した恩人)嫡子一条房冬が家督相続、土佐国人連合の盟主本山茂宗が一条派の吉良宣直を攻め滅ぼし嫡子本山茂辰が吉良姓と所領の安芸郡を強奪

1541年 [吉田郡山城の戦い]毛利元就に安芸・備後の領地を切取られた尼子晴久が武田光和の遺児武田信実を担ぎ反攻、大軍で吉田郡山城を攻囲するが毛利元就の計略(12歳の次男吉川元春が家臣の制止を振り切って初陣)と大内家陶隆房(晴賢)の援軍により撃退され尼子久幸(経久の弟)も戦死、武田信実は出雲に逃亡し安芸守護武田氏滅亡、元就は反抗勢力を皆殺にして安芸を制圧

詳細を見る

1541年 流浪の身から最盛期には山陰・山陽11ヶ国に君臨した尼子経久が月山富田城にて病没(享年82)

詳細を見る

1541年 土佐国司で幡多郡を領する一条房冬が病没し嫡子一条房基が家督相続

1542年 斎藤道三が反抗勢力の首領土岐頼満(頼芸の弟)を毒殺、これにより対立した傀儡の美濃守護土岐頼芸の大桑城を急襲、土岐頼芸・頼次父子は織田信秀を頼って尾張に亡命し斎藤道三が名実ともに美濃一国を平定、土岐頼芸の落胤と考えられていた嫡子斎藤義龍を後継指名して反抗を鎮める

詳細を見る

1542年 徳川家康(竹千代)が西三河の土豪松平広忠の嫡子として出生(家祖の松平親氏は三河松平郷の庄屋家に婿入りした遊芸僧の徳阿弥、家康の祖父松平清康の代に西三河を制圧したが、清康急死で零落し織田信秀に圧迫された広忠は今川義元に臣従)

詳細を見る

1543年 [月山富田城の戦い]大内義隆率いる大軍(毛利元就も従軍)が出雲に反攻し尼子晴久の月山富田城に攻込むが吉川興経らの寝返りと補給難により退陣、兵力十分ながら下手な退却戦指揮により被害甚大(備後竹原高山城主小早川正平も戦死)、尼子方が勢いを盛返し大内方から石見銀山も奪還

詳細を見る

1543年 [鉄砲伝来]倭寇の頭目王直(五峯)の明船がポルトガル人を乗せて種子島に来航、領主の種子島恵時・時尭父子は火縄銃2挺を購入し刀鍛冶の八板金兵衛に命じて複製に成功、貿易商人を通じて忽ち畿内へ伝播し早くも同年中に和泉堺・紀州根来寺・近江国友などで鉄砲製造がスタート、鉄砲と硝石の調達・鉄砲鍛冶の獲得・鉄砲隊の調練は戦国大名の軍事戦略の要諦となる

詳細を見る

1544年 尼子晴久勢が月山富田城の戦いで戦死した小早川正平の備後竹原高山城に侵攻するが毛利元就出陣により撤退、正平の嫡子又鶴丸が盲目のため毛利元就が三男又四郎を婿養子に送り込む(元服後に又鶴丸一派を粛清して家督を継ぎ小早川隆景を名乗る)

詳細を見る
もっと見る

交遊録

長宗我部兼序 土佐国人連合に討たれた祖父
長宗我部国親 家を再興した父
長宗我部信親 期待の嫡子・戸次川で戦死し気力喪失
香川親和 讃岐香川氏の養嗣子に送込んだ次男
香川之景 親和養父
津野親忠 津野氏の名跡を継がせた三男・家督争いで盛親に暗殺される
津野基高 国親・一条氏が滅ぼした高岡郡領主
長宗我部盛親 後継に据えた四男・関ヶ原敗戦後大坂陣で討死
長宗我部盛恒 大坂陣で斬られた盛親嫡子
長宗我部盛胤 大坂陣で斬られた盛恒嫡子
もっと見る